カテゴリ:染物教室( 282 )

青の引き染め

いい風景どすなあ
f0146466_18343484.jpg
これは羽尺生地、私史上最長の引き染め。

やっぱり絹っていいわあと思う瞬間です。
麻や木綿より染料をガッチリ保持してきれいに染まってくれる、努力が報われる、発色がいい、そんな”色”フェチな私には至福のひととき。
(かといって思い通りになるとは限らない)



ムラなく引き染めするのはとっても難しいといわれています。
こうして一色に見えても、あちらとこちらを隣あわせてみると濃度が違う、ってよくあるハナシ。
生地に含んだ染料の差がないように、手早く何度も刷毛を往復させるのはけっこうチカラ仕事。

特に青系統はムラになりやすいと言われます。

だけど、自分のだからいいの!少々違っても!


こちらにも青を引き染め。
f0146466_18343680.jpg




とりつかれてるのかな
f0146466_18344071.jpg








[PR]
by contrailfine | 2016-03-29 18:33 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

瓦屋根の衝立

二週に渡って、糊置き~地入れまで順調にできてます。
(ほんとは型紙が弱くて、ちょっとずれたりしちゃった)
f0146466_22161036.jpg



f0146466_22161938.jpg


4年前のこの絵、京都に来ての第一印象がこの瓦屋根だったのです。
京都生活もかれこれ5年。

図案が進まなくてイヤになってるとき、
先生に「悩むことがあるなんて幸せなことじゃないですか」
と言われたことがあって、本当にそうだと思いました。

色づくりもたいへんだけど、好きなことには頑張れるんだなあ。
人それぞれ、できることを精一杯。
それが人として生まれた義務なのかも、と思ったりします。勝手な解釈かな。









[PR]
by contrailfine | 2016-03-22 22:29 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

復活の型紙で

コッツウォルズのほうは、ひとまず生地を洗いに出したり地染めをする予定なので同時進行で、かねてからの懸案・衝立を作ろうと思っています。
もともとは、龍のタペストリーも衝立の予定でした
~このタペストリーはお友達のお宅にヨメにいきました~

4年前の型紙
f0146466_20555346.jpg



義兄がいろんな箔をたくさんプレゼントしてくれたので、これも使いたいのです。
f0146466_20555743.jpg


いろいろやりたいこといっぱいあって、実現まで至るのはほんの少し、亀の歩みです。







[PR]
by contrailfine | 2016-03-08 20:55 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

コッツウォルズ茶屋辻

お久しぶりの染色ネタです。
デザインに苦しんでましてね(現在進行)
何か月も取り組んでいる下絵がいまこんな感じになってます。

まあそれなりに、完成間近な雰囲気?
f0146466_09425471.jpg
これは何になるのかというと、和装のコートか羽織にしようかなと。

一昨年からタペストリーを作って、今度は送り型の型染らしいものをしたいな~
と思って、なぜかこんな

コッツウォルズ風景を切り取ってみたつもり。

でも先生には「詰めすぎ」って言われました。
これ連続してったら重い・・・・?





まだ修正するか。
赤ケシも来たことだし(これちゃんと赤いMONOだから)
f0146466_22071720.jpg
もうちょっとかな~





[PR]
by contrailfine | 2016-02-10 09:42 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

下絵に取り組み中

もちろん(?)まだできてませんよ

なかなか絵が進まなくて、どうなんだ?と落ち込んだりイライラしたりしてますが、考えたらこれまでもそうだったわ

f0146466_23185826.jpg



なので、まだ年賀状もまったく。



12月に入ってからの時間の速さと言ったら・・・


どうするどうなる?


つづく。






[PR]
by contrailfine | 2015-12-16 23:18 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

プラハ その2

蒸し屋さんに出して仕上げしてもらった出来立てホヤホヤ?です。

(京都でもその業者が少なくなっているという、染め物の蒸し工場、うちから自転車で気軽に行けるってありがたいロケーションです)

写真だと色が微妙にちがうけど、まあまあイメージに近い仕上がりです。
f0146466_19115859.jpg
そういうところ、やっぱり麻や木綿より絹のほうが染めの快感があるんだなあ・・・
ちょっと修正するかも。
反物二枚ものなので、タペストリーでも、衝立でも使用可。


これは三か月前に作った麻バージョン
f0146466_19104668.jpg
修正しまくりでなんとか完成させた思い出。

どっちにしても、未熟さを実感するのでありました。


このデザインは半年くらいつきあったし、当分封印かな。





[PR]
by contrailfine | 2015-09-05 09:54 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

プルシャンブルー

青猫。
f0146466_23204257.jpg
ラピスラズリをイメージしています。


糊を落としてみないと結果はでないけど、色合いはばっちりだと思います。













[PR]
by contrailfine | 2015-08-25 23:19 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

猫は何いろ?

京都に帰って来てゆっくりする間もなく、彩色に励んでおります。
こうしてこの画面を眺めても、足りない部分が見えてきたり
f0146466_10070461.jpg
・・・そしてまだ猫に色が入ってないんでした。
ラベンダーとか、緑とか、リアルじゃない色にしようか・・・


裏からも検討
f0146466_10070606.jpg



やることがあるのって、いいこと、幸せなんだきっと。












[PR]
by contrailfine | 2015-08-21 10:05 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

色挿し、つづく…

おなじみのこの光景
f0146466_22443076.jpg
ちょっとずつ確実に進んでます

が、また猫の色に迷ってます。
来週はお盆休み、糊の状態が不安だけどつづきは再来週。

少し気温が下がってくれると嬉しいんですがねえ。









[PR]
by contrailfine | 2015-08-04 22:43 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

地入れ

すさまじい暑さに襲われている京都です。
今日の最高気温はとりあえず私の平熱くらいだったかな。
祇園祭も始まってるけどこの蒸し暑さ、お稚児さん着物着せられていろんな行事をこなすの大丈夫?って気になります。


そんな中、糊置きの終わった生地に、豆汁+ふのりで地入れ。
これだけで汗だくになりましたね。
f0146466_22215170.jpg

作品展なんかで会場に展示するとやっぱり大きなものが映えるのですが、こうして染の作業をしてると反物って扱いやすい巾だなあと思います。
人にやさしいサイズ。(もともと着るものだけにね)
私はまだ大きいものだと品質も落ちそうな気がするなあ

絹っていう素材も、光沢があって色もきれいに入るし、触ってるだけでもちょっと幸福感。

そんなわけで、来週から色射し。きれいにできますように。
この暑さの中でこれから染料を煮沸しながら色づくりです・・・








[PR]
by contrailfine | 2015-07-14 22:20 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31