カテゴリ:日々のあれこれ( 817 )

雨のおりづるタワー


雨の日は初めて。
f0146466_21382019.jpg

緑はきれいだけど青空のほうが圧倒的に気持ちいい。


f0146466_11424989.jpg




折り鶴は赤線のところまでたまってる。
f0146466_21443963.jpg



だけどタクシーの運転手さんにも相変わらず評判はよろしくないおりづるタワー。
すごくいいところなんだけどね。
地元民は行かないんだなあ。















その向かいには
先日亡くなった鉄人・衣笠祥雄さんのモニュメント。
f0146466_21382060.jpg
傘を外してお祈りされてる方も。
私は特にファンってわけじゃなかったけど、亡くなったとき自分でも意外なくらいショックだった。
やっぱり特別な人。

ヒーローだったし、広島にとっての”恩人”だった。
ありがとうございました。





[PR]
by contrailfine | 2018-05-08 21:37 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ゲシュタルト崩壊・・?




例によって実家の整理に明け暮れたGW。

義兄夫婦にお世話になって、大型ゴミもかなり廃棄しました。
(単身者の引っ越しぶんくらい?)



古本屋さんにも来てもらったけど、これで5200円なり。
f0146466_22110431.jpg

(山本浩二のEPレコードがご愛敬だ)


インターネットの時代ですからね、専門書や辞書の類、”古本”ではなく、”古紙”

きっぱり資源ゴミです。
これまで廃棄した父の蔵書、累計トラック一台分はあった気がする。
(ごめんね)


ものの値打ちが瓦解していくの、これゲシュタルト崩壊・・・?






しかしこの、場所をとってたモノを目の前から無くしてしまう、なんともいえない快感
クセになるんです



ずいぶんスッキリしたけど、まだ第一章が終わったとこ。
肉体の疲労を残して連休は終わり。

つづく。




[PR]
by contrailfine | 2018-05-07 22:09 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

長岡京跡にて桜



784年から794年までの短いあいだ首都だった長岡京。

その跡は長岡京市ではなく向日(むこう)市なのです。
(ややこしい・・)
向日市はすごく小さな市で知名度も低いけど、そんな歴史あるところ。

発掘しなきゃわからない遺跡では観光地とはならず、お店も少なく、今はとてもいい住宅地です。




長岡京の中心・大極殿(だいごくでん)跡の桜が見事。
f0146466_20201556.jpg









f0146466_20201584.jpg





ヒネクレものの私はどうしても桜というと坂口安吾とか梶井基次郎とか『帝都物語』とか、物騒なお話ばかり連想してしまうけど、8分咲きの青天はすがすがしいばかり。
f0146466_20201558.jpg




京都市内より空気もきれい。気持ちいいお花見できました。


いい春になりそう。


[PR]
by contrailfine | 2018-03-29 20:20 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

急春



(球春もあるけど)急な春


寒さもまさに彼岸まで、翌日からいきなりびっくりするくらい春モード
雪柳も
f0146466_21385217.jpg





水仙も
f0146466_21391471.jpg

昨日まで咲いてた?待ってた??






家の前の桜並木は2分~3分咲きくらいでした
f0146466_21515081.jpg


この春、広島で新生活をスタートする甥っ子の入学頃には満開かも

合格してくれてありがとう~
同じ市内に住むっていうだけで、母もすごく励みにしてます。


我が家でも広島へのベクトルがいっそう強まってますよ。



25日に87歳になった母への誕生プレゼント、テレビのスピーカー
f0146466_15372618.jpg
これ、ドラマなんかのセリフを聞き逃したくない人にもおすすめ。(耳が遠くなくてもね)

充電式で、キッチンなんかにも持っていけるし普通に私もほしいくらい。






私も頑張らないとね。



[PR]
by contrailfine | 2018-03-28 21:51 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

昭和を訪ねて


気温の乱高下はげしい春ですが
寒い雨の春分の日、広島で高校時代の友人と久々に会ってました。


ほんとに何年かぶりだったけど、なぜかタイムラグを感じない。




お好み焼き、頻繁に帰省してるわりに全然ありつけてなかったので、ベタだけど
(通ぶってヘラで食べてるふうをよそおってみました)
f0146466_22164267.jpg

美味しかった~
ここ「みっちゃん」だけど、あの有名チェーンなのかな
お店によって(厳密には作る人によっても)味が違うのね。


昔はもっとシンプルでガーリックパウダーなんて入ってなかったなあ

私が広島を離れてそろそろ30年。

市内中心部にもその頃から残るお店は少なくなっています。







で、4人で本通り・昭和を訪ねてみた。


昔、菊菅って刃物屋さんの2階舞台で神楽やってたでしょ?って言われたけど
そんなのあった??ホントに?

渡部陶苑 の方に聞いたら「ありましたねえ。いつ頃でしたっけ」


みんなでお揃いマグカップ買ったりして、歳を忘れて楽しいひとときでした。
f0146466_22164234.jpg





どうもありがとう。





昭和のネタついでに
実家の荷物の整理をしてると、ウールの着物が何枚か残ってます。

これから着ることあるかな?
もう役目が終わってると思ったほうがいいのか?
f0146466_23120774.jpg



”昭和の遺産”なかなかモノはよさそうなだけに、できれば活かしたいけど。

[PR]
by contrailfine | 2018-03-27 22:16 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

それぞれの春



タカシマヤの”上品會 じょうぼんかい”に行って参りました。

f0146466_16093415.jpg


相変わらずの華やかさですが、買いもしない私ごときに見られるものは少ないです。


やわらかものだけでなく今回は紬も展示あり。結城、いいなあ。
こういうの、さりげなく自然にさらっと着られたらいいなあ

結城は三代着て真価が出るとか。
いろんな意味で高嶺の花です。







夢のウン百万より、現実のささやかな春の楽しみ。
因島の八朔届けてもらいました。
f0146466_21213566.jpg
やっぱり広島人としてはこれがないとね







それはそうと
中高6年を東京都心部で過ごしてきた甥っ子がどういうわけか広島の大学に進路を求めております。

都内にはいくらでも学校があるのにね。
彼の目には私のふるさとはどういう街にうっつてるんだろう。
もちろん嬉しいことだけど、首都圏しか知らない若者にとって地方はじれったいこともあるんだよ。
将来が光り輝くものでありますよう。






[PR]
by contrailfine | 2018-03-08 16:08 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

友人と



広島から帰宅した翌日は、友人と贅沢ランチに。

横浜時代にワインつながりで出会った友人(イタリア料理研究家です)とははや15年来のおつきあい。
東京在住だけど、京都観光のあれこれは私より詳しい





もともと料理旅館だったという粟田山荘。
(このテーブルも輪島塗らしいんだ!)
f0146466_23172580.jpg


存在を知らなかったし、誘われなければ行くことはないであろう、昭和12年?頃の趣ある建物でした。
庭も良かったし、昔ながらの網代天井とか。
待合室にあった巨大輪島塗テーブルも、今はぜったい作れないわ。
古いものを残して活かすのってコストかかるし、大変だと思う。

(京都の寺社仏閣がガメツイのも仕方ないのかも)




彼女と一緒にワイン飲みに行ったときによく来てた青い紬を久々に着ました。
f0146466_21253783.jpg
着付けはまあなんだけど、春らしい色合わせをしたくなる気候ですね

(この着物、ほんとによく着てたし速足で乱暴に歩くせいか八掛の裾が擦り切れてた・・・)


そして、自作のコッツウォルズ道中着デビュー
f0146466_21254558.jpg








お土産にいただいた塩味クッキーもおいしかったです。
f0146466_21272306.jpg

おかげさまで楽しかったし、気分転換リフレッシュできました。

またね。



[PR]
by contrailfine | 2018-03-03 23:16 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

冬の庭が好き



冬の庭。

虫いなくていいわあ。

ゴミ袋いっぱいの落ち葉も捨てた。(ゴミ係です)

庭の一隅、母の畑も耕した。(ちから仕事はおまかせ)


花のない季節もカンアヤメ咲いてくれる
f0146466_21110639.jpg







庭には つくばい もあるのだけど、竹管も朽ちて塩ビの水道管だけが立ってるという
f0146466_21112342.jpg


・・これは整備すべき??





寂しいと言われがちだけど、
葉の落ちた冬の木は、枝ぶりがしっかり見えてとてもきれいだと思う。
f0146466_15455696.jpg



もちろん新緑もきれいでそれはそれで感動しますが。







[PR]
by contrailfine | 2018-03-01 22:31 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

春へ



和紙を畳んで染める。
やってみたかったけど、母に教えてもらって体験しました。


和紙ならではの丈夫さゆえできるこの手法、独特のにじみが魅力
f0146466_14091325.jpg

広げてみると全然イメージ違ったりして楽しい!
もっと色を複雑にしてまたやりたい。
f0146466_14091528.jpg







急に春に向かっていってる陽射しに、日ごと庭の梅のつぼみが大きくなった
ある日
f0146466_14091979.jpg


気がつけばウグイスも鳴きはじめてました。



そうして、6分の1が去った2018年。






[PR]
by contrailfine | 2018-03-01 14:07 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

本の値打ち

2月末もちょっとなんだかんだ帰省しておりました。


実家の不用品を分別・処分に始まり、ほんと一軒家って家の中から庭から、際限なくやることがあるもの






古い本いっぱい捨てた!
f0146466_11181136.jpg




f0146466_11182133.jpg
(錬金術・・・って、化学のルーツよね)






広島市のごみ分別ルールのキビシさったら、わけわからないレベル。
f0146466_11053219.jpg

以前、発泡スチロールごと食器を出したら”回収日が違うものが混在しているので持ち帰れません”という張り紙つきで残されていたことあり。

分別にそこまで意味があるとは思えないけど、ルールに従うしかない。

面倒でゴミ屋敷となる家が増えるに違いない。

昔みたいに、その行く末など気にすることなくモノを買うことは、今はできないのね。




頑張って運んだわりに、部屋はまだ片付いてないのだった。



戦中・戦後を体験した父には、本というものがとても貴重だったのは間違いない。
そんな値打ちがいまではすっかり失われていること、切ないけど、家族以外の人間にとってはもっと値打ちのないもの。
自分で処分したほうが少しましな気もする。




そして
父の本棚からとりあえず読みたい本を持って帰ってきた。
f0146466_11053427.jpg
空海、マイブームなのです






[PR]
by contrailfine | 2018-03-01 11:04 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31