人気ブログランキング |

2009年 05月 12日 ( 1 )

ご当地ナンバー

国土交通省の正式名称は「新たな地域名表示ナンバー」です。

目的は地域振興や観光振興のため等々らしいので、ひとめでどこなのかわかる名称ばかり・・・のはず。
そんなことを思ったのは、先日富士山という素敵なナンバーを見かけたから。
これは山梨県と静岡県のどっち?取り合い?もしかして抗争に?などと心配してしまいました。
(富士山は、静岡の人は静岡の、山梨の人は山梨のモノだと思ってるもん)

調べてみると富士山ナンバーだけは、両県にまたがっているらしいのですね。
さすが富士山、ふところおっきいわ~。
そんな例外もあるなんて、タテ割りが代名詞のようなお役所のすることとも思えません。
(褒めてます)

伊豆っていうのも最近見ました。風景が浮かんでくるようじゃありませんか。

でもご当地ナンバーって「~とは一緒にされたくない」「~と呼ばないで」という、郷土愛というか、差別意識みたいなものが感じられて、ほほえましくも羨ましくもあったりします。
湘南ナンバーができたときも、それまで”相模(さがみ)≒相撲(すもう)”などと揶揄されていた地元の走り屋さんも大喜び・・・だったはず。



岡山県にも倉敷ナンバー(対象は倉敷市+その近隣?)っていうのがあります。
岡山よりイメージ・知名度が上なのは確かですね。
by contrailfine | 2009-05-12 18:17 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(4)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine