ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

タグ:故郷にて ( 64 ) タグの人気記事

リフレッシュの一日

母はこれといって大きな持病はないものの、ときどき体調が悪くなるので、様子見の感じで帰省してました。



そうした中で、夫の義姉が母ともども食事に誘ってくれて、なんと岩国まで連れて行ってくれました。

ひっそりと住宅地にあるお店、こんな美しいテーブルウェアでもてなしてくれます。
f0146466_13461553.jpg

洋食器でも日本のものには輸入物にはない魅力がありますね。
花などの自然の描写、色彩・金加飾は世界一かと。美しいお皿の数々、主にノリタケのものらしいですがいまや手に入らないものも多くて、懐かしい気持ちにもさせてくれました。



日常とかけ離れたゆったりした時間がとても貴重でした。

f0146466_15470154.jpg



f0146466_15510718.jpg




岩国までのドライブといい、こうして目でもたのしむご馳走もおしゃべりも、なによりの栄養です。


本当にありがとうございました。








[PR]
by contrailfine | 2017-02-27 13:45 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ICOCA派宣言

岡山にいようが京都に住もうがこの10年あまり[SUICA]を使って来た私ですが、本日より[ICOCA]に乗り換えることにしました。
ペンギンさんは別れ難いんだけど。




やったー。かわいいでしょ。優勝記念[ICOCA]
f0146466_18234365.jpg
葉書3枚出して一枚だけ当選して買うことができました。
(別にこのために帰省したわけではありません)


実家の整理してて出てきた懐かしいトワイニングの缶
なんともいえないヴィンテージ感がすてき。
f0146466_18234628.jpg

こういうモノもそのうちアンティークとして売買されたりするのかもね。ヨーロッパみたいに

中身は・・・
f0146466_18235100.jpg



あまりにも予想通りの、古い写真でした。
こんな古い缶にも写真にも心を動かされてしまうのはきっと歳のせい・・・


[PR]
by contrailfine | 2017-02-24 18:10 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

お好み焼き県?!

知らなかった。
f0146466_11285504.jpg



たまたま入った洋服屋さんのドアに、新井さんのサインが。
(スーツをオーダーされてるそうです。大きそう!)
f0146466_11285776.jpg
これが広島
探さなくても、ふつうにカープものが行くとこ行くとこに”実は”みたいな感じで存在する




いろいろあった年越しでしたが、やっぱり故郷はいいなあ

と、ともかく京都に帰って来ました。
今年もよろしくお願いします。






[PR]
by contrailfine | 2017-01-15 20:57 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

節目・筋目

正月明けの5日のこと。
叔父、父の末弟がが突然に亡くなりました。
80歳。

小さい頃、一緒に住んでたこともあったのでこんな写真が実家にあります。
f0146466_10135416.jpg
およそ半世紀前の写真・・・!



訃報を聞いて思い出したのは、身近に優しかったオトナがいてくれたこと。
両親以外の、ただ味方でいてくれる唯一の存在だったかな。
(子供にとっては姉妹もライバルだから)

このお休みは、たまたま休暇をとって長めに帰省していたので、通夜・葬儀とも参列できました。
~喪服がなかったから私たち夫婦だけ平服でちょっと居心地悪かったけど~
呼ばれたんだと思うな。


葬儀のほうは、昔のことなど話すわけでもなく、被爆手帳を持っていた叔父の被爆のことなども語る人間もなく、兄弟の末っ子ってそういう宿命?!
孫たちも大きくなって、過去より未来を感じる葬儀というのは、そのほうがいいことかもしれませんね。
こうした節目節目で、親戚づきあいというのはだんだん形を変えていくもの。




そんな年明けになってしまいましたが、お別れができて良かった。


叔父さん、小さい頃かわいがってくれてありがとう。
穏やかな優しさ、私は忘れないからね。父をよろしく。







[PR]
by contrailfine | 2017-01-11 10:22 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

この世界の片隅に in広島

正月明け、昨年に引き続き母と映画に行きました。

残念ながら八丁座ではなかったけど、広島でまた観たかったんだ。



f0146466_21584471.jpg

映画館サロンシネマから外に出ると、すずさんがスケッチしたかも?の、八丁堀福屋が目の前。

f0146466_2253557.jpg


おなじみの風景が違って見える。
ここは70年前、なんにもなくなって、人が街が壊されたあの場所だと改めて思った。



母もアニメーション映画は初めてで観る前は抵抗感があったらしいけど、とてもよかったもう一度観たいと言っておりました。
やっぱり自分と重ねた部分が多かったみたいです。


すずさんの声を演じた能年玲奈さんが素晴らしくて、なぜ主人公と同じく彼女の大切なもの、アイデンティティー(本名である芸名)を奪われたのか、とても不条理に感じます。


まだまだ的確に感想を言えないのだけど、見逃したことがあっちゃいけない気がして、また観たいと思ってしまう。~できれば呉で
最初に観てから私のなかにもすずさんが住んでて、きっとずっと一緒にいるんだなと思う。








[PR]
by contrailfine | 2017-01-08 21:58 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

明けまして

おめでとうございます
f0146466_20084839.jpg
今年の〆飾り、例年になくオシャレ
先日の義姉のお祝い会でプレゼントしてもらったものです。
モダンです。


母と三人の新年でしたのでシンプルにね。
f0146466_20085092.jpg




義兄宅へのお年始は、ちょっと地味めな着物で。(年齢相応?)
f0146466_20403742.jpg


帯はNYのときの
f0146466_20085540.jpg
写真を見るといつも着付けがイマイチだわ~
いつも楽しい時間、ありがとうございます。

楽しいお正月でした。

本年もどうかよろしくお願いいたします。

f0146466_21460697.jpg
年末にポチ袋づくりが楽しくなってしまって必要数以上に作り、終わる頃に上達。
紙が豪華なもので・・・
今年の私もこんな感じ。




[PR]
by contrailfine | 2017-01-08 20:06 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

年月は厳しくも優しく

いまだ広島駅はクリスマスツリーよりずっと目立つこれ
f0146466_10562830.jpg


f0146466_10563622.jpg
映画監督の西川美和さんがおっしゃってたように、広島カープは広島人のアイデンティティそのもの。
ファンとかカープ女子とかいう言葉では説明しきれないものがあって、そこのところは他スポーツチームとちょっと異質かなと思います。
貧乏球団として逆風の時代(FAとか逆指名・ウラ金時代ね)からすると、年月が風潮を変えたのか、それとも変わらぬポリシーが時代を呼び寄せたのか。






週末は義姉の還暦のお祝い会がありました。
本当に60歳なんて若いけど、人生を振り返るひとつのポイントなのかもしれません。

なぞのゆで卵トロフィー。
こんな愛情こもったプレゼント、他にあるか。
(これ作るばかばかしい努力。大好きだ)
f0146466_10564906.jpg
関西じゃゆで卵のことを”にぬき”って言います。(最近知った)

小学生の頃から知っている姪が、立派に母親になって人のために頑張ってる姿を見てちょっと感動までしちゃったりして、同じ年月を経てもかたや私自身はなんの役にも立たない相変わらず。ちょいと落ち込み






新井さんの記念グラスをいただきました。
シリアルナンバー入り。
f0146466_10565816.jpg
新井さんも、厳しかった年月を自分の頑張りで 辛い → 幸い に変えていったんだね。



そうそう、虎ファンの人に
「阪神時代の新井と今の新井、どう見ても別人ですけど~どういうことなんですか!」
とちょっとキレ気味に?聞かれたことあります。
阪神ファンはほんと選手に厳しいわ。(鳥谷もかわいそう)

お祝いなのに、逆にお世話になっちゃってありがとうでした。



今回は母の眼科につきそい、かねてからの懸案事項・眼瞼下垂問題もクリアになって有意義な帰省でした。(・・少しは役に立ったか)
下がってくる瞼がうっとうしくて手術したいと言っていた母でしたが、母の場合は人相が悪くなるらしいので、美容上の理由で諦めました。わはは。
(もちろん人によるらしいのであくまで母の場合です)


いずれ私も行く道なのかな?






[PR]
by contrailfine | 2016-12-06 10:55 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

真っ赤な街

実家の冬支度をしてきました。
ついこのあいだ防寒ものをしまって夏模様にしたと思ったのに

夏のラグや扇風機を片付けて敷物を冬仕様に
庭の木の枝をばっさばっさ切ったり(いいのか悪いのか)

ちょっとは働いてきましたよ




そして、久しぶりに広島グルメも堪能してきました。

あなごめし うえの の釜焚き飯
f0146466_09275763.jpg
多いかなと思ったけど、美味しすぎて完食
オコゲのお茶漬けも美味しかった。
(焚きあがるのに30分かかります)


小イワシのお刺身
f0146466_09275941.jpg
シーズンオフやお盆は漁がお休みなので意外にチャンスがないのです



お好み焼きは~いまいちだった





実はこっちがメインだったりする
f0146466_09280750.jpg
朝出かけるとき、まさかのバス満員で乗れず、現地到着の10時ころ、当然もう人いっぱいで

これで31万3千人?・・・(41年前の”30万人”はぜったい嘘だ)

この遠さで思うように見えなかったけど、雰囲気だけでもいいよね
混乱もなく、広島でこんなイベントあってもお行儀よくさっとはけるとこがいい
ゴミもないし、もめごとにもならないし、盛り上がっても川に飛び込むヤカラはいない
(多分)
人数がちょうどいいのかな



噂の花電車
f0146466_09281426.jpg
(乗車はできません)




それにしても、街中でもレストランであろうと、真っ赤なユニフォームがあふれる
f0146466_09311817.jpg
広島はいつからこんなことになったんだろう・・・





と思うその日の私のいでたち。
f0146466_9333341.jpg

人のこと言えないのだった





[PR]
by contrailfine | 2016-11-10 09:26 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

この日のために

9月は上旬のこと

ちょっと広島に帰ってました
f0146466_14223854.jpg
(これは優勝関係なく今春から走っているカープラッピング路面電車)


もちろん観戦チケットなど手に入るわけもなく、だけどあの空気の中にいたかっただけです。
それは去年、黒田が広島に帰って来る!という途方もないビッグニュースの、あまりの感激をここ京都で誰とも共有できなくて、とっても寂しかったから。
優勝の瞬間に広島にいられれば、たとえひとりでも孤独ではない。




結局、母とふたりテレビでしみじみと観戦しました

こんな場面泣かない人なんている?
f0146466_13061503.jpg

本当にいろんなことがあって、去年のもどかしさもこの日のためのシナリオだったのか

できすぎでマンガみたいだけどほんとのことなんだな




翌朝、母も黙って赤飯を用意するという
f0146466_14233237.jpg



何を買うってわけでもないのになんとなく街に出ると
f0146466_14225835.jpg
三越のライオンさんも緒方監督のユニ姿




二年前に泣いてたカープ坊やも
f0146466_17151236.jpg
うれし泣き。(そしてもらい泣き)
f0146466_12243805.jpg


日曜日だったこともあって街中は、これまで見たことないくらいの人出でした。
みんなニコニコしてて、こんないいお祭りはないんじゃないでしょうか。
川に飛び込んだりする人もいないし。
何もしなくっても、(こんな暗い私なのに)ただ楽しかった。



そして京都の自宅に帰ったとたん発熱のオチ
f0146466_14234295.jpg

[PR]
by contrailfine | 2016-09-14 14:20 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

おりづるタワー

うわさの おりづるタワーに行ってみました。
(展望階への入場料1700円が高いって噂)
気持ちはわかる。京都人はお寺の拝観料払いたくないし、横浜市民はランドマークタワーの展望台なんか登らない。

だけど今の私は観光客だから、上がってみないことにはね。


エレベーターの中
f0146466_14450384.jpg



この角度からの原爆ドームは新鮮ですねえ
f0146466_14451331.jpg



相生橋もきれい
f0146466_14451883.jpg



この方向には広島城が
f0146466_14452074.jpg






こんな気持ちのいい空間が広がって、のんびり座ってくつろぎたい感じ。
f0146466_21211820.jpg





別料金600円(入場とセットだと500円)でこの折り鶴を
f0146466_14454307.jpg


こんなコワイところから落とします。
f0146466_14454752.jpg
落とされた折り鶴が、ガラスの壁の中でこのタワーの外壁デザインを造っていきます。



という、とても素敵なコンセプト・デザインのビルなんですね。
公共の建物じゃないことを考えても、料金が割高な気はしない。
だけど、デートなんかで行ってゆっくり語らってもらいたい空間なので、二人で3000円とかいろいろ料金プランがあるといいなあ。

正式オープンは9月らしいです。
市内中心部が一望できるし、広島を訪れる人におすすめしたいスポット。

それと、上から見る市民球場跡地がとっても殺風景で気になっちゃう。
早めに文化施設でもスポーツ施設でも作ってくださいね。





[PR]
by contrailfine | 2016-08-22 14:43 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30