ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏休み体験教室?!

こちらの教室は日本の型染に忠実な、防染糊を置いて色挿し、が基本です。
特別バージョン的に、今回はじめて捺染を体験することになりました。

それだけは私が経験者なので糊を用意して少々アドバイス。

みなさま、手持ちの型紙が豊富なのでそれを再利用です。
とりあえず手拭を。
f0146466_21033490.jpg



f0146466_21033763.jpg


f0146466_21033972.jpg


私の懐かしの千鳥+ミツバチ。
f0146466_953724.jpg



来年の作品展のバリエーションが増えるといいなと思います。




[PR]
by contrailfine | 2016-07-26 21:02 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

美と食の国

とても楽しい旅行でした。

私はついて行くだけだったのでお世話になりっぱなしだったけど
(英語できれば、と何度思ったか~)

こんな「小さな村の物語」とかに出てきそうな路地の先に
f0146466_09194869.jpg
行き当たりばったりで美味しいお店があったりとか
f0146466_09194419.jpg
そのテーブルから見上げた青い空





ラヴェンナのシーフードレストランのタコの柔かさは衝撃
f0146466_09194636.jpg



f0146466_09194935.jpg
f0146466_09195224.jpg
f0146466_09195694.jpg



これはサチーレの朝市で買った小さな桃
f0146466_09195760.jpg






食べてばかりの印象を和らげるためにいちおうピアノ画像も貼っておこう
f0146466_14535440.jpg



わざとボケボケで楽しそうな写真を一枚!
(真ん中のピンクのシャツはラヴェンナのノリのいいガイドさんです)
f0146466_9471513.jpg


パック旅行では行かないようなお店に案内していただいてどこに行っても大満足でした。
その土地土地で培われた美しいもの、おいしいものにちょっとでも触れることができて、コーディネートしてくださった方にほんとに感謝です。

誘ってもらったお友達、このツアーのキーパーソンさんが旅行中に風邪でダウンしてコンサートも観光もあまり参加できなかったのがなんだか残念というか、心残り。
リベンジあるといいな。





[PR]
by contrailfine | 2016-07-25 09:14 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ラヴェンナのモザイク

世界遺産・ラヴェンナの教会は5~6世紀のものでモザイクの美しさで有名です
f0146466_20511448.jpg


ラヴェンナはコンスタンティノープルの首都だったので、この豪華なモザイクはまさに最後に残ったローマ帝国の遺産と言えるかも



とくに青、ラピスラズリを使ったとても高価なもの
だから退色もしない
f0146466_21264678.jpg

この青は他のものでは得られないですね。



こうして何世紀も変わらずいろんな遺跡が残っているヨーロッパ
壁画にも石(ガラスとか)鉱石を使う = 永遠性 
なのかなあ

日本の場合は、消えゆくもの、はかないもの。
資源や地質の特性から文化の違いも生まれてるのかな。



美しいものを追求してしまうのは人間の本能のひとつなのかもしれないですね。





[PR]
by contrailfine | 2016-07-23 01:31 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

海の都

海見るのも久しぶりだ~!
f0146466_18424891.jpg



電車で着いたそこはヴェネツィア
f0146466_21403852.jpg




やはり17年ぶりのヴェネツィアは、ものすごい人・人・人。
それまでのんびりした街にいたのでひっきりなしに聞こえる騒音・蒸し暑さに、ちょっとげんなりしたものですが
(これだけ隙間なく人いたらますます沈んじゃうよ~!)


水上バスで対岸のサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会 鐘楼からの眺め。
f0146466_21502619.jpg



f0146466_21585459.jpg
f0146466_2203011.jpg




なんだかんだやっぱりヴェネツィアは絵になる。
くやしいけど。

f0146466_2211187.jpg
f0146466_22113132.jpg



ウナギもイカスミパスタもおいしかった。





[PR]
by contrailfine | 2016-07-21 22:13 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ワイナリー訪問

モンタルチーノの大手ワイナリー、FATTRIA dei BALBI

ブルネッロの歴史=ここのワイナリーの歴史、くらい伝統を誇るワイナリーらしいです。
f0146466_18222361.jpg



f0146466_2119118.jpg



私の生まれ年のブルネッロもありました! (・・・値段は聞けない)
f0146466_21191848.jpg








楽しみはテイスティングと
f0146466_21435224.jpg

パスタもホロホロ鳥も美味しかったです。。。
f0146466_21435557.jpg
f0146466_21435889.jpg





おそらくこちらはかなり手広くやられている大手さんなので、説明もテイスティングもシステマチック。

認識を覆すような美味しいワインには巡り会えなかったけど、今回の旅のお連れにイタリアワインソムリエの資格をお持ちの方もいらして、いろいろお話できて楽しかったです。


何を食べるか、も大事だけど、誰と食べるか、っていうことも大事。
そんな意味ではこの旅はとても恵まれていました。






[PR]
by contrailfine | 2016-07-19 18:21 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ペルージャ

美しい街です
f0146466_2213377.jpg



人も多くなく、散策・ショッピングに快適なところでした
(バーゲンシーズンだったし!)
f0146466_035920.jpg



その地下に広がるもう一つの街
f0146466_20410543.jpg

教皇に反抗した市民が住宅にしていたという地下遺跡、紀元前からあるものだというから驚き。
f0146466_20410995.jpg

がっちりした建築をそのまま基礎に、新たな市街地を形成してあったり、
エレベーターを設置してそのまま通路に、空間もイベントスペースに、と無駄がない。

(ひんやりしてこの季節はありがたかった)



途中のひまわり畑も満開でした。
f0146466_20411278.jpg

(イタリアでひまわりっていうとソフィア・ローレンの映画を思い出すけど、あの風景はウクライナだって。彼女はまだお元気だそうです)



こうして石の遺跡はわかりやすく何千年も残るけど、日本の木と紙の建物は風化しちゃう。
だけどその時代にもちゃんと豊かな文化はあったのよ、と言いたかった。





[PR]
by contrailfine | 2016-07-12 20:39 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

17年ぶりのアッシジ

以前に訪れたのは1999年
ミレニアムに向けて地震の修復中だったのでよく覚えてます
f0146466_20592411.jpg
この青い空。
セレーノというのはこんな空のことでしょうか
好天に恵まれ陽射しは強烈。


細い路地は日陰に
f0146466_21142331.jpg





木陰を提供してくれる菩提樹
f0146466_21243595.jpg
釈迦が悟りを開いたのも菩提樹だったかな
巡礼地アッシジにあると特別な木に思えたりしますね



聖フランチェスコの街・アッシジ。
中世ヨーロッパの人々を縛りつけていたキリスト教、再び人間性を取り戻すルネッサンスの萌芽は聖フランチェスコから


聖地というのは、宗教関係なくすがすがしい気持ちになれる場所だと思います。






[PR]
by contrailfine | 2016-07-11 21:50 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

イタリア・音楽と食の旅

そんな名前のツアーではございません。
お友達に誘ってもらって出かけることになったイタリアの旅、その内容は

”トラジメノ音楽祭とファツィオリピアノ工場特別見学”

すみません。音楽まったく造詣浅いです。

なんの予備知識もなく参加してしまった場違いものでしたが、美しい音楽と美食と、なにより素敵な方々との旅はとても楽しくて貴重な体験になりました。



こちらはマルタ騎士団の館での野外演奏会。
f0146466_214370.jpg
塩野七生ファンとしては 騎士団 というだけで感慨深いです。
騎士団はまだ名誉回復されてないそう。・・・悲壮なその歴史に思いをはせつつ

野外にもかかわらず音響が素晴らしくて音色にうっとりでした。



ファツィオリのピアノ。クリーンでピュアな音?
f0146466_2128913.jpg



工場で撮っていい写真はここだけ。
このまま何か月か乾燥させるそうです。
f0146466_22371428.jpg
木材にもこだわりがすごかった。
ヴェネツィアをイメージしたライオンのバンダナは、こちらのスタッフへのお土産だったのでした。
美しいピアノを作る人に喜んでもらえた(らしい)のはとっても光栄です。



おいおい旅の思い出をアップしていきたいと思います。



それにしても
あちらも暑かったけど、京都の蒸し暑さ

・・・・・・




[PR]
by contrailfine | 2016-07-10 22:40 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31