ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

色挿し

先週、豆汁+ふのり?で地入れした生地に、色を挿し始めました。

が、どうも豆汁が薄かったのか、ちょっと染料がにじむ~


f0146466_10533604.jpg
途中から染料に糊剤を混ぜて続行。
なかなか一筋縄ではいかないヤツだわ

だとか、


あんなに湿度高かった数週間前からの高温!
糊が割れる?!?!心配。


自然環境にもほんとに左右される。
(それを補う助剤もいまはいろいろ揃ってますが)


こんなことやってると、お店に並ぶ洋服、染まりにくい麻のシャツなんかも、思うような色をコンスタントに出していくの、すごいことなんじゃない?と思えてきます。


だからちょっと高くても、ストールの色がシャツに色移りしても多めに見よう・・・ね?








[PR]
by contrailfine | 2015-07-22 10:53 | Trackback | Comments(0)

地入れ

すさまじい暑さに襲われている京都です。
今日の最高気温はとりあえず私の平熱くらいだったかな。
祇園祭も始まってるけどこの蒸し暑さ、お稚児さん着物着せられていろんな行事をこなすの大丈夫?って気になります。


そんな中、糊置きの終わった生地に、豆汁+ふのりで地入れ。
これだけで汗だくになりましたね。
f0146466_22215170.jpg

作品展なんかで会場に展示するとやっぱり大きなものが映えるのですが、こうして染の作業をしてると反物って扱いやすい巾だなあと思います。
人にやさしいサイズ。(もともと着るものだけにね)
私はまだ大きいものだと品質も落ちそうな気がするなあ

絹っていう素材も、光沢があって色もきれいに入るし、触ってるだけでもちょっと幸福感。

そんなわけで、来週から色射し。きれいにできますように。
この暑さの中でこれから染料を煮沸しながら色づくりです・・・








[PR]
by contrailfine | 2015-07-14 22:20 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

梅雨どきに

これは、先生のお庭からいただいてきたあじさい
「おたふくあじさい」だそうです。

f0146466_10061013.jpg
愛嬌ある?



梅雨らしい梅雨。
すっかり写真を撮り忘れてますが、湿気が多い中(糊がべたつく中)、引き染めした生地に糊を置いてます。
やっぱり光沢があって絹っていいなあ。(写真なし)





7月に入って京都は祇園祭です。
なんといっても京都のいちばんの盛り上がり。目抜き通りなので、交通マヒは仕方ない
蒸し暑さとともに、覚悟、& 忍耐 の夏が来るのでした。

ずっといつか欲しいなと思っていた竺仙さんの長板
この夏、買いました!

長板 というのは、生地の表と裏両方にぴったり同じ糊を置いて染めてあるという、珍しい技法なのです。
ちょっとでも型染というのを経験するとそれがどれだけ難しいか・・・
あまりに地味な工程なのでこのブログでもあんまり載せてないですが、型染の糊を置く前に、板の上に生地をぴったり貼っていく作業があります。
生地って引っ張りようで歪むし伸びるし、それが均一にできるなんて、私には信じられない神業?です。
やってみるとその価値がもっとわかって、それが木綿の着物なので値段もお安い。
職人さんが減っていくのも仕方ないのかも。


f0146466_10061353.jpg

いつ着ようかな、帯に柄がないほうがいいかな、とか楽しみにしてたら


まったく同じものが『美しいキモノ』夏号に~
(ちょっと複雑・・・)
f0146466_1017289.jpg




涼しげには見えても着るのはやっぱり覚悟が必要。気合かな!













[PR]
by contrailfine | 2015-07-08 10:04 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31