<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

作品展をします

といっても、母のものがメインになります。
染色教室の先輩に「親孝行しなさい。するべき!」と、おすすめいただいて、なんだかんだで、結局親子二人展をする運びとなりました。

10月28日から11月2日。あと二か月しかない~!!
場所は、京都市内の中心地近くのギャラリー。
こんな坪庭があります。素敵でしょ。
f0146466_21335224.jpg



母のほうはもう何十年のキャリアにものをいわせて作品もふんだんにあるけど、大変なのは私です。
慣れない段取りに、なにより作品づくりに行き詰まってる…

焦りまくっています。

広島を襲った土砂災害の日ごとに大きくなる被害に、心もざわざわしています。


私にできることをやっていくしかないです。
好きなことをやらせてもらっている幸せを大事にしたいと思います。

どうかどうか、よろしくお願いします。




[PR]
by contrailfine | 2014-08-24 21:33 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

お盆やすみは

これは、広島でお盆にお墓に供える灯篭です。
夏もお盆近くなるとスーパーやコンビニ、お花屋さんなんかでも売り場が一気に派手になります。
この時期の風物詩ですね。
近年は禁止の墓地も多くて(実家の墓地も)少なくはなってきてるけど、一つのお墓に何本もこれが立ってるわけですから、その風景は華やかのひとこと。
お墓参りも怖くないでしょ。
初盆の年は白いものになります。
f0146466_7412143.jpg



最近はこんな風景も。”カープ女子”って浮ついた言葉が流行ってるけど正直オールドファンには嬉しいような居心地悪いような。
f0146466_742495.jpg
一過性で終わるんじゃないよ!!




京都に帰るそうそう、こんなメールが何度か来てドキッとしました。
f0146466_742731.jpg
広島もこんなサービス当然やってるんだろうけど。夜中じゃ逃げようもないよね…
知り合いに被害は出てないけど、馴染みの地名が出てきてけっこうショックです。
どうかこれ以上ひどくなりませんように。



11ケ月の、髙橋克己感たっぷり、貫録のすごくかわいいこです。…克典のほうにも似てる?
f0146466_7422356.jpg
いろいろ楽しいお盆休みでした。
どうもありがとう。




[PR]
by contrailfine | 2014-08-20 07:40 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都迎賓館

京都迎賓館の参観に当選して、見に行って来ました。
f0146466_2233110.jpg


広々した美しい廊下
f0146466_22331695.jpg


f0146466_22332893.jpg


絵画に見えるのも全て巨大な織物です
f0146466_2234517.jpg
f0146466_2235313.jpg



こちらは截金(きりかね)の扉
f0146466_2235166.jpg


いろんなバリエーションが演出できる凝った照明に、壁の藤から湖面にはなびらが舞うカーペット
f0146466_22352841.jpg




これが噂の12メートルの漆テーブル。
f0146466_22353847.jpg


庭園はなぜか撮影不可。鯉にエサをやるのがご賓客には大人気なんですって。
f0146466_22355314.jpg

ブータン国王夫妻は船遊びも楽しまれたとか
f0146466_22384992.jpg



とってもゆったりした気持ちのいい空間でした。
西洋風な迎賓館はきっと見るからに贅沢できらびやかなんでしょうが、日本的な贅の尽くしかたというのはシンプルで控えめ、デコラティブではなく、線と線の交わる美しさ。
そして、ちょっとした遊び心の粋。
じっくり見ると、いたるところに細かい気遣いがされています。

日本人でよかった。

f0146466_2323837.jpg蒸し暑くてダメダメになりそうだったけど、いちおう、礼をつくそうとした着物


記念に、桐の懐紙買って帰りましたとさ

f0146466_2351422.jpg




[PR]
by contrailfine | 2014-08-02 22:58 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31