<   2014年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雑感

f0146466_10322022.jpg



今年も12分の1。
この速さで一年一年があっという間ですね。
笑っても一年。泣いても一年。

ちょうど一年前はいろんな意味で最悪な状況だったのだけど、このブログを見返すとなんか幸せそう・・・
悪いことは書きたくないけど、自分の記憶とはかなりの温度差。
真実と違うわあ。

恰好つけずに、もうちょっと正直に心境など記録しておいてもいいかもしれない



なにが最悪だったかというと、
一昨年の年末に父の薬の誤飲事件があって、それをきっかけに母が体調を崩してしまい、予定していた再手術が危うい、即入院。
で、2週間ごとに帰省して病院に付き添いや留守宅の管理
そんなこんなのストレスからか、私自身も更年期症状??夜はあまり眠れずホットフラッシュ(?)とにかく漠然と不調

という毎日でした。
具体的にしてみるとそんな最悪ってほどでもないか。
そんな多忙のなかでもできるだけ染色は続けてました。おかげで乗り越えられたような


それを思うと今はウソみたいに元気です。
あれほど迷った母の再々手術も、結果的には正解だったようだし。



でも生きていくってことはそういうことなんでしょう。
何もない人生なんてないもんね。

いろいろ支えてもらって、ありがとう。です。





写真とは何の関連もないですが、文章だけだと寂しいので昔実家にいた子を載せました。
ごめんなさい。





[PR]
by contrailfine | 2014-01-30 11:27 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(4)

引き染め

先週、呉をひいた生地を引き染めしました。
地色はブルーグレー。染めムラの出やすい色だそうです。
f0146466_16414294.jpg

小さな生地だからなんとか大丈夫だったけど、気を遣う塩瀬。
帯一本染めるのは体力もいるなあ。頑張ろう。


裏から見たほうがイメージ近いかも
f0146466_1642510.jpg



この教室は2月で閉鎖になってしまうけど、3月からは先生のお宅?アトリエ?で継続が決まりました。
ありがたいことです。
よかった~








[PR]
by contrailfine | 2014-01-28 22:16 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

日本の技

高島屋 上品會 ~じょうぼんかい~ の内々覧会に行ってきました。
f0146466_1672568.jpg


着物、帯のお値段がだいたい200~400万円くらい。
まあ私には雲の上の話で目にすることもないだろうと思ってたのですが、入場はできるって教えてもらったので、場違いを承知で。
見るだけでも値打ちあるってもんです。

最盛期に比べて着物の売上げは、だいたいどこも数パーセントだと思います。一割以下です。
その中で、染め・織の技術を守る努力、責任を老舗百貨店が頑張ってらっしゃる。
危機感あるからこそ、最近になってこの 上品會 もテレビのニュースで取り上げられたり、一部上得意さまにしか入れなかったであろう場に、私でも入れてもらえるようになったのかなと思いますが・・・


おかげさまで本当に楽しかったです。興奮しました。まさに眼福

ヴェルサイユ宮殿・鏡の間をデザインした訪問着や、オリエンタルな柄も多かったのは意外でしたが、そのそれぞれにすごくドラマ性を感じて飽きませんでした。
『伝統工芸展』も同じ会場であるけど、それとは違った活き活きとした”商品”。
細かいところまでスキのない細工に色彩。
職人さんたちの、使う身になってとことんまでベストを尽くす、そんな姿勢は日本人の誇りです。
100年前の着物を復刻した超モダンな中振?もあったりして、洋服が普及しなかったら日本人のオシャレってどういう方向に行ってたのかな~なんて面白くなります。もちろん戦争なんてないことが前提ですね。


数百万は確かに高価ですが、ひとつの絵画を身にまとう贅沢。
(一部の女性にのみ許された特権ですね)




とまあ、着物、京都というシンボリックなものだけじゃなく、全国に頑張っている名もなき職人さんのものづくりを紹介したこんな番組がありますのでよろしく。

f0146466_15384172.jpg

『世界が知りたい日本の技 美と食の匠たち ひろしま篇』
2月2日(日)午後2:30~ TBS系列全国放送です。





[PR]
by contrailfine | 2014-01-26 15:42 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

お蔵出し

義母の色無地を出してみました。
たたみジワがすごかった・・・(反省)
f0146466_23105393.jpg


実は私、色無地一度も着たことないんでした。
お茶などやられている人には、何をおいても必要なこの色無地
好きで着物を着るだけの人間には、格があってあまり遊ぶ余地がないので今まで縁もなく、
しかし年齢を考えると、こういう正統派な着物もきちんと着られるオトナでありたい。

これから先も出番が多いとは思えないこの着物、こんど法事に着てみようかなと思ったわけでして
色もふさわしい、薄紫。
欲をいえば、これに黒羽織でも欲しいところです。いまどきレトロ感あって素敵かも







黒・・・あるじゃないか。


(けっこう派手)
f0146466_23202380.jpg



f0146466_23204326.jpgちゃんと紋だって入ってるし
私の紋ちがうけど




これ羽裏がすごいのでした

f0146466_23225550.jpg

さすがにムリ。





[PR]
by contrailfine | 2014-01-23 23:32 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

試作つづき

一か月ほったらかしで、糊がちょっとひび割れちゃってました。
補修してから、呉をひきました。
f0146466_10283323.jpg


型染めは糊を使って防染しますが、にじみ止めの処理が欠かせません。
昔ながらの方法で、大豆の汁を使います。
大豆のタンパク質が、染料をガッチリ保持してくれる?ので、その濃度が濃ければにじみにくくはなるけど染めムラも出やすい、生地もゴワつきます。
この呉汁は、洗っても完全には落ちないので、着物の場合は ふのり(海藻)も併用して、柔軟仕上げしてから仕立てます。

この呉汁の濃度も、生地やそのときの湿度などで変えるらしいのですが、それは経験を重ねて学習していくしかないようです。


この生地は、ただでさえ染めにくい塩瀬なので余計にむずかしい・・・

ほとんど祈るような心境でやっております。





[PR]
by contrailfine | 2014-01-22 10:27 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

そんなアイドル

あ~っ!頭におっきなリボンのってる!!
f0146466_13295658.jpg




という猫さん、目つき悪し。
f0146466_13301956.jpg







[PR]
by contrailfine | 2014-01-13 13:29 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

新年の

お正月も終わり。
今週末は連休だし、本格始動は来週からかな~なんて言ってると、
あっという間に1月が終わってしまうのでした。


でもまだ ちょいと正月気分
f0146466_9471344.jpg



去年はほんとにいろいろあって、人生のひとつの節目だったかもしれないですが、そのときそのとき一所懸命にやってれば、自分を嫌いにはならないだろうと

そうして年月が経っていくんだなあ。

友人を喪った2010年がだんだん遠くなるけど、また会える時にはちょっと近づいてる


新年にはそう思う






何を隠そう
[PR]
by contrailfine | 2014-01-09 23:05 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

新年風景 2014

f0146466_21173765.jpg
喪中の新年というのはどう過ごすものなのか…
と言いつつも例年通りにお節もお雑煮も。

上は、以前甘味処で食べた京都風。鰹節をかけていただくそうです。
ボリュームあります。
下は、実家で作ったおすましに水菜、焼き穴子、柚子の広島風。(牡蠣なんて入れたことない)

お年始にも行って新年早々酔っぱらいました。

f0146466_11574458.jpg


今年も花びら餅。たねやさんです。
f0146466_21225748.jpg

お正月だなあ。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。





More
[PR]
by contrailfine | 2014-01-02 11:57 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(6)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31