<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

六甲高山植物園

一週間も前のことを今さらアップしております。

六甲というのは山の名前ではなくて、いくつかの山の総称だそうです。~高原って感じかな。

びっくりしたのその岩山の急なこと。
九十九折のヘアピンカーブをいくつも経由してあっというまに標高700?メートル。
海まで見えるのに、気候はまさに高原。
市街地から近いリゾートとして別荘なども多いようですが、近いだけあってとっても険しい道でした。


六甲高山植物園へ。
f0146466_22251839.jpg
紅葉にはちょっと早く、花も少ない時期ですが


ドウダンツツジはこんなにきれいです。
f0146466_22265538.jpg




そして、野生の竜胆(リンドウってこの字もなんかイメージちがう・・・)
f0146466_2230286.jpg



に、すっぽりもぐりこむかわいいお客
(ピントが~)f0146466_22342397.jpg


日頃は花など見ることもないので、こんな光景がとにかく感激



そしてこれは
f0146466_2393234.jpg

ラッキョウの花でした
f0146466_2394773.jpg




ちょっと寂しい季節でしたが、小さな花が鮮やかに主張して、植物はいろんな手段で種を増やし遠くに運び・・・
やっぱり地球は植物に支配されているのでした。

この植物園にはヒマラヤの青いケシなんてのもあるらしいのです。
暑くなり始めた頃にまた来てみたいですね。





そして、この日のニュースに出てきたのは
[PR]
by contrailfine | 2013-10-28 23:34 | 関西探訪 | Trackback | Comments(0)

秋の味覚(話だけ!)

うわさでは、今年は豊作だそうですよ  ~私には関係ないですが

まったけ。(松茸。”ま”のとこにアクセントね)
f0146466_20432571.jpg

こちらのお店は、春には筍の専門店、夏はお漬物。冬は・・・なんだっけ

今は、まったけ。(と、栗)

ですが、午後3時。カラッポ
f0146466_22314100.jpg
売れるもんだわ


地元の方に聞くと、すき焼きにも入れるんだそうです。
まったけ 入りのときは鶏肉のすき焼きなんですって。
牛肉だとせっかくの まったけ の味わいを損なうんでしょうね

たけのこも、まったけ も、なんだか特別感のある食材だけど、ここ京都の食生活には馴染み深いもののようです。


うらやましいだけのお話ですみませんでした。
私は、今日初めて牛スジを料理してみました。敢えていうなら関西っぽいです。





[PR]
by contrailfine | 2013-10-19 20:42 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

上方歌舞伎

大阪松竹座です。素敵な建物でした。
f0146466_16501436.jpg


今人気の愛之助さんです
f0146466_2117329.jpg



この、昼の部に。
『大阪純情伝』は、近松門左衛門の『女殺油地獄』をわかりやすく解釈されたもので、『ウエストサイドストーリー』の要素も入ってます。
わかりやすいぶん、人殺しにまで至る人間の不条理・狂気というのは薄れるのかな
(最近のストーカー事件なんてのもほんと不条理ですよね)

中村翫雀さんの狂言まわしが印象的で、鈴木清順映画『陽炎座』を思い出しましたね


人気ドラマのパロディーらしいセリフとか、松竹新喜劇?ってとこもあって、さすが上方はこうやって観客と一体になっていくんだなと。東京よりもっと舞台と客席の距離が近く、同じ空気のなかにいる感じが強かったです。
「油が飛んでしまいますから」って、客席にビニールシートが配られました。「和服の方にはレインコートを」って、大丈夫それほど飛びませんでしたよ。(それもワクワクですね)



初めて観た『三人獅子』には、母獅子も登場してドラマ性も高く、美しかった。


いいお席でしたけど、ずいぶんお安く観させていただきました。
お世話になってばかり、本当にありがとうございました。


f0146466_10272960.jpg姑の、付け下げを着て行きました。
この時期しかないでしょ、って柄ゆき。

義姉の、結納のときに姑が着ていたものだそうです。
身長の関係で、私のところにきました。
季節限定なのであまり機会がないけど、ちゃんと着たいと思います。



(焦って着付けがいまいちなので不明瞭な写真)








反対色
[PR]
by contrailfine | 2013-10-17 16:49 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(5)

ブルーグレー

帯の地色を作りました
f0146466_19531916.jpg

紺鼠というより、ちょっと薄いかな
ブルーグレー、好きな色です。

学生時代、絵具もこの色は減りが早かった。
(油絵具のなかでも安い色だし~)



『紺鼠』というのを調べた時、
昔は赤の染料(アカネ?)が高価なのに比べてこの色は庶民の味方だったとか、書いてありました。


うん、ぴったりじゃないの。




こんな色ひとつ作るのにもけっこう時間かかってしまう私。
(しかも一回は染料を間違えてしまった・・・)
けっこう疲れます。


だけど、絹が染料をしっかり抱き留めて?光沢をもった時、とても喜びを感じます。

やっぱり、”色”が好きなんだなあ


この色にあう配色を考えます。




先生に、お土産にいただいた倉吉のお団子
f0146466_208776.jpg

小振りでなんて可愛い!
だけじゃなく、それぞれの味がしっかり主張して美味しい、老舗のものでした。
行ったことはないけど、こんなお菓子があるとそこの印象も良くなりますね。

ありがとうございました♪





[PR]
by contrailfine | 2013-10-16 21:13 | 染物教室 | Trackback | Comments(3)

こんな連休

(明日からファイナルステージだから今のうちに・・・)


まさか甲子園がこんな真っ赤に!    いちおう関西なもんで”タイガース残念”って・・・
f0146466_2217224.jpg
観戦に行くわけでもなく、テレビをずっと見る勇気もなく、出先でずっとスマホとにらめっこ。

クライマックスシリーズ進出だけでもおめでとう!
と思ってたのに、ファーストステージ勝ち上がり。
1975年の初優勝のときの、街全体が熱に浮かされていた、あの異様な空気を思い出しました。
その時代の記憶がしっかりある世代なんで

思えばFA制度なんてことが始まって以来、市民球団には遠い道のり、日本シリーズという懐かしすぎる言葉、できることなら下剋上を望まずにはいられない。

(きっとこわくて見られないと思うけど)




それと、嬉しい再会もあったんでした
f0146466_994051.jpg
これら、ちょっとひねりのきいた半襟や帯揚げを勧めてくれた、横浜そごうでいろいろ相談に乗ってもらえてた方が、なんとこんどはここ京都高島屋に!

たまたま千總さん~HPも美しいです~の展示会もやってたので、(買う気もないのに)いっしょに、じっくり見させていただきました。
好みはあるけど、やっぱり柄・色、見応えありました。
勉強になりました。
デパートに行く楽しみが増えました。(買えなくても許していただきたい・・・)


そんなこんなで、行楽シーズンの連休は終わってしまったとさ

・・・とおもったら台風?また?




[PR]
by contrailfine | 2013-10-16 00:37 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

雑念

秋ですから

なんて言いたいけど今日も30℃超えでしたね



ケーキの中で、いちばん好き(?)なタルトタタン
f0146466_22325338.jpg

自分でもいろいろ焼いてみたりしたことはあったけど、カスタード入れたり、結局シンプルがいいです。

リンゴのキャラメリゼが・・・


買ったほうがいいや。(断念)



京都の隠れた名物?有名店もあるので、この秋は食べ比べに出かけようかな
温めてヨーグルトをかけるのが王道ですって。


今日は、日本伝統工芸展 in 京都 見てきました。
それぞれの手仕事を思うと、かかった時間や技術、日本人ってすごいわあ。
(すごすぎて値打ちがよくわかんない)
そのカケラ、身近なものにちょっと取り入れたい・・・

それとは別に、ヘレンドのフェアもやってました。
バブルの片鱗を感じましたね。(買えませんけど!)
景気が良くなってるのかどうかわかんないけど、”買う気マインド”は、あるとこにはあるらしいです。
日本の工芸品を買っていただきたい。

買い支え、それが底辺を広げ、頂点を押し上げ、ひいては末端でものづくりをする人間にモチベーションを・・・


まあ、そんなこともあるかと思います。お願いします。






[PR]
by contrailfine | 2013-10-10 23:03 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

デザインはシンプルでも

食べて飲んでばかりじゃございません

帯のデザインに、取り組んでます
f0146466_0866.jpg


問題の地色。
塩瀬という、染めるにはちょっと厄介な生地の特性と、先回の着物に合わせるという縛り
を考慮のすえ、

藍鼠
と思ってるんですが、うまく引き染めできるかな~


先生も
「まあ、商品じゃないですからね」

はい。そこんとこは自己責任で。


さてさて。

頑張りますから。  (頑張ってもダメなときはダメさっ染色は水物だもん)


単純な構図でも、手順はややこしいぞ。




[PR]
by contrailfine | 2013-10-09 01:02 | 染物教室 | Trackback | Comments(2)

古くてあたらしい

行ってみたかった
f0146466_10495883.jpg

KITTE。
旧中央郵便局を、一部保存してできた「JPタワー」
斬新ではなくオーソドックスな外観なのに、大きな吹き抜けからトップライト、省電力?新しい。


商業施設ですが他には何も見ず、インターメディアテクへ。~写真はNG~

マチカネワニ(こんな大きなワニが大阪にいたんだ!!~昔)の化石レプリカから、キリン、クジラ、ネズミの骨格標本などなど、東大の古い展示棚もいい感じでした。

無料なのもいいです。
日本郵便もいろいろ取り組んでらっしゃる。



クラシックな、東京駅ビュー。
f0146466_10514555.jpg




丸の内界隈を歩き回ってると、日本じゃないような雰囲気。
だったもんで、日比谷のオープンカフェでまた昼間っからワインを飲んだ、と。
f0146466_10524775.jpg




それにしても、ちょっとした上京で、このあたり一年前にはなかったそこそこ大きな施設、東京スクエアガーデン、新歌舞伎座・・・

東京って、東京って!
オリンピックに向けて、これからますますどうなっちゃうの?
地方との温度差ありすぎるよ!!

と思った数日間なんでした。




今回も友人に会えて、とても楽しい日々でした。
横浜を離れて6年半。その間いろんなことがあって、元気に会えることは決して当たり前じゃないと実感します。
変わらず一緒に食事したり、迎えてもらえたり、幸せなことでした。

感謝・感謝です。

え~と、今回会えなかった友達にも会いたい。またいずれ、よろしくお願いします。







そして羽田にも
[PR]
by contrailfine | 2013-10-04 10:49 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

とあるワイン会

過ぎたことをゆるゆるアップしています。半月も前のこと


並んだ各種ワイン。

マリアージュの会に参加させてもらいました。テーマはトマトソースパスタ。
f0146466_18133721.jpg





f0146466_1813559.jpg





パスタは手打ちのものと乾麺と。ソースは同じでも別物でした。(写真とリンクしてない・・・)

ムール貝の入ったバージョンも
f0146466_1814852.jpg


具材にも左右されちゃうけど、意外だったのがリースリング。
まったく共通性がないのがかえって引き立つというか、面白かった。


家でどんな料理にあわせるか、いつも悩んで結局は」ドライフルーツやチーズになっちゃうので、参考になりました。
先入観は禁物ね。


番外編のジェノベーゼ
f0146466_18141714.jpg













おまけ
[PR]
by contrailfine | 2013-10-01 18:17 | エピキュリアン道をいく | Trackback | Comments(2)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31