ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いよいよ…

反物登場!
f0146466_16474118.jpg

わくわくする光景です。

教室の皆様にも伸子はりなど手伝っていただきました。ありがとうございました。


(なにかしらしでかす私のことですので、あれっ?と思う事件もおきたのだけど、なんとかリカバリーしよう)

f0146466_16473761.jpg

ここまでの道のりはけっこう遠かった・・・
f0146466_16481374.jpg



だけどしかし。

蒸して色を定着させて、糊おき、にじみどめ~色挿し、
と、これからがまさに本番なのでした。

先は長いぞ。
こういうことにおいては、たいへんなほど楽しい。
そう思えるのはやっぱり好きなことだからでしょうね。




[PR]
by contrailfine | 2013-02-26 16:46 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

色づくりで終わる…

糊おき前の、生地に引き染めする色を作るだけで時間が過ぎてしまい
f0146466_15493689.jpg


蒸してみると赤みが立ってしまうのでなかなか難しい…

今日はこんなもんで。




[PR]
by contrailfine | 2013-02-19 15:49 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

いかにも…

観光!って感じの写真だけど、母の病院への通り道です。

(新しいスマホの投稿テスト)
f0146466_17492778.jpg

f0146466_17494224.jpg


写真が縦長・・・
[PR]
by contrailfine | 2013-02-14 17:49 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ままならないあれこれ

今月末に人工股関節の再々手術を控えた母が、体調管理のため、急遽入院することに。

検診に行ってさんざん待たされて
「明日から手術まで入院してください。今日からでもいいですよ」
って、ちょっとそれは・・・
やっとの思いで手術に踏み切ったのに、ままならないものです。

それで大慌て

大学の同級生で、二十年(?)前たまたま同じ国立市に住んでた友人が、やっぱり親御さんの介護でちょくちょく帰省してるので帰りの新幹線を合わせて広島→京都までプチ同窓会をしようか
などと勝手に目論んでたけど、そうもいかなくなって
ほんと久しぶりに会えると思ったのにな。
ままならないパートⅡでした。

病院からは平和公園が見えます。
f0146466_12342319.jpg
粉雪の舞う冷え込み、寒い家にひとりで過ごすよりは病室のほうが安心かな、と思うことにししまして。




病院からの帰り、アディダスショップでウェアを一着、ジャン・ポール・エヴァンでマカロンとチョコレートを少し買って
f0146466_1124774.jpg
自宅へのお土産。(これにて我が家のバレンタインは終了)

転んでもただでは起きない私
でした。

(来週も片付けその他でちょっと帰省)




[PR]
by contrailfine | 2013-02-08 12:33 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

立春すぎても

陽射しに春の気配を感じる今日この頃ですが、時間の流れに焦りを感じたり、暖かさが待ち遠しかったり。


着物のほうはまだ準備段階で、絵になる写真もないのです。
f0146466_1156114.jpg
手順などを先生と相談して、糊おき前に、生地にぼかし染めをすることになりました。

なので、作業のピーク、糊おき~色挿しはまだちょっと先。

プランニングを中途半端にすると作業工程で行き詰まってしまうし、簡単に作っちゃったものは愛着が薄れてしまうので、やはり手をかけることは大切、と思います。

意外に私、地道だな。ふふん。





f0146466_1233745.jpg地道に(?)ワインも飲んでます。

寒い季節は余計に美味しい?!




[PR]
by contrailfine | 2013-02-06 12:12 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

歌舞伎だしロックだし

ぜったい面白そうだけど長いな~
と敬遠してたゲキ×シネ『髑髏城の七人』を観てきました。

迫力の予告編

(もともとは劇団☆新感線の舞台らしいけど、映像になったとき古田新太さんのアップだったらどうなんだ・・・)

声を含め、鍛えられた肉体・動きがどれだけ説得力を持つか、実感させられるのが舞台の面白さ
横浜に住んでた6年前までは、歌舞伎など観に行くことはちょくちょくあったけど最近ご無沙汰です。

18台のカメラでその役者さんの表情までをいろんな角度から捉えたゲキ×シネはある意味舞台以上。

リアリティなど追求せずに夢があった昔の映画、その夢を見せてくれる立ち回りの美しさは舞踊を見ているよう。
だけど役者さんのすごい汗がリアル。
森山未來くんとか、小栗旬くんとか、やっぱり早乙女太一くん(彼はあまり汗かかない)ってすごいな~と。

ストーリーも、日本人ならだれでも感情移入しちゃう、最後はお芝居らしく?大団円ってことなんだけど、「あれだけがんばったんだからいいよね」と、後味もいい感じで3時間もあっというまの楽しさでした。

もう公開終わっちゃったけど、機会あればお勧めしたい。
プログレッシブロックです。劇画的でもあるし、なにより歌舞伎です。







[PR]
by contrailfine | 2013-02-01 17:52 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31