<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

まだまだ準備 

デザインに沿って糊を置くためのマスキング用紙をつくっているところです。
f0146466_2252236.jpg
・・・わかりづらいですよね。
これはこれでアタマを使ってます。
とにかく、準備が大切。まだ本格作業にはとりかかれません。
先週の板に、反物を固定するのもなかなかたいへんそうです。

でもこういうのも楽しいんですよね。
ちょっとづつでも前に進んでる実感があるっていいものです。


折り紙で作った巳をいただきました。シンプルで、品があってモダンです。
f0146466_229318.jpg
(ふすま用の紙はちょっと折りづらいですよね)
ありがとうございます。





[PR]
by contrailfine | 2013-01-29 22:15 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

今年のテーマは

まず着物を染める。
一ヶ月ぶりの染色教室では、最初の準備、敷き糊の作業をしました。
f0146466_1819732.jpg

絵にならない地味な写真なんだけど。
この糊をおいた板に生地をきちんと固定して、型を使って糊を置いていくのです。
京都の糊おき職人さんはこういう修行から始めるのかな。

こういうことも一所懸命にやってると、余計な心配事とかストレスとか忘れて気が晴れていくのがわかりました。
つくづく、好きなことをやってないとダメな自分というのを実感します。
わがままだね~










さて、衝撃?画像
[PR]
by contrailfine | 2013-01-26 18:18 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

寒い日は出掛けず

家に引きこもり
f0146466_17293550.jpg





久々に買った和服もの
『和楽のきもの』f0146466_19425131.jpg


どのページも美しくてテンションあがる
f0146466_19445722.jpg



f0146466_19451151.jpg



f0146466_19452438.jpg日本人でよかった。




ああ着物着なくては。
ご無沙汰していると、コーディネイトのカンも鈍ってくる。





f0146466_23132854.jpg日本人でよかった。



(大事なことなので二度言いました)






[PR]
by contrailfine | 2013-01-15 17:29 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

新しい年に

のっけから風邪をひいた今年の幕明け。やっと日常生活のペースがもどってきました。
(こうしてあっというまに1月も終わってしまうんですねえ)

昨年も年末になってバタバタとしまして、今年もそんな予感。
特別養護老人ホームに入っている実家の父が、他の方の薬を間違って飲んでしまって、もともと低い血圧がいっそう下がり、点滴をしてもなかなか上がらない、救急車で病院に搬送。
という事件が起きたのが12月25日のこと。
ホームで連携をとっているその病院に、「ご家族の方にも行っていただかないと」
と連絡を受けた母もちょっとパニックになってしまい、交通手段もタクシーしかなく、病院で一晩。
往復のタクシー代も2万円近くなってしまったし、母の肉体的・心的疲労はいまだいえず、という感じです。
とんだクリスマスでした。
当の、父本人はなんともなさそう。

事故は起きてしまったことで仕方がないとして、真価というのはその対応で問われるものだと思いますが。
なんだかね、ちかごろ「相手の身になってみる」という想像力が欠如してる人が多いんじゃないか、と思う今日この頃です。
そのホームはできたのが去年の春、スタッフが未成熟なのは仕方ないと思うべきなのか、こちらも考えが足りないところがあったかもしれません。


年明けには、大学同級生の訃報。

いろいろある、試される年代の私たちです。生きていればこそ。

これまで一度だけ口に出して言ったことがあるけど、私はいつか自分の生命を終わるのを楽しみにしています。
そのときが、先をいっている大切な友人に会えるときだと、本気で信じています。
彼女がいるからきっとあの世でも楽しいはず。
だけど私が人生を投げ出すようなことをするのは絶対に許してくれないと思うので、精一杯全うすることだけは決めて、いつか全てが赦されるときがきっとくるのかなと。

そう思うと、生きているのが愛おしい。まわりのもの、すべてに感謝です。



風邪も治ってきたので、現世的な楽しみf0146466_10341100.jpg
1985 Meursault Rouge

(ムルソーの赤も初めて、'85も初めて?)

パニエを持っていないと伝えると、ワインといっしょに送っていただきました。
これだけのヴィンテージだとパニエは不可欠だけど、そんなワインなんてそうそう飲めるわけじゃないし、そんな親切に感動です。

もちろん、味も感動でした。


人生って愛おしい。



今年もどうかよろしくお願いいたします。





[PR]
by contrailfine | 2013-01-13 10:02 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(4)
f0146466_21592742.jpg今時分になって、クリスマスケーキですが

おいしくいただきました。
ありがとう!

砂谷の生クリームは、牛乳っぽくていいですね。


奥の正体不明の物体は、夫の誕生日に使った数字ろうそく。
カメラどこ?ってやってるまに無残な姿に。
(そのカメラは、なぜかスーツケースから出てきた…)



そして大晦日。広島市内は雪の朝でした。f0146466_22425169.jpg


見るからに、ふわっと湿った雪。やっぱり昼頃には跡形もなかったです。




頼んだお節に、簡単な料理。f0146466_22442466.jpg

なにかしらお正月らしさがないと気がすまないというか、気持ちですねえ。





あ、テーブルクロスは母の芋版作品なのでちょっとゴチャっと見えますか

f0146466_22453030.jpg

何年も前、夫に
「お屠蘇と花びら餅買ってきて」
と頼んで以来、彼の年末にこの二つは欠かせない買い物になったらしいです。

今年は、松江の彩雲堂のもの。

花びら餅、他の和菓子よりちょっと高めなのは、牛蒡に手がかかるからなのか・・・?





そして、元旦には夫の実家(といってもいまは義兄宅ですが)に、年始というか新年宴会にお邪魔するのが恒例になってまして(写真ナシ!)f0146466_22272126.jpg


ここに、なにか義母の形見を身に付けて行くのが、私の恒例にもなっています。
和服のときもあったけど、去年はこのカメオ
(義父が昔買った義母へのイタリア土産らしいです)

今年はパールを。
(ペンダントトップは後付け)


私もいい嫁だったことはないし、義母との関係が良好だったともいえないのですが、なんとなく私の自己満足です。


こうして一年一年、節目をできるだけ丁寧に過ごそうとは思っているのですが。
  …年末の大掃除は年々オロソカになっていくのだ~

今年も佳い年になりますよう。





[PR]
by contrailfine | 2013-01-05 22:41 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31