ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鳥羽

鳥羽水族館へ。
ここはジュゴン(ウミガメと同居)が有名なのだけど、水槽が殺風景でなんだかわびしかった。
(なので写真もなし)


バイカルアザラシがあまりにも浮いたまま動かないので「寝ているだけで元気です」と注意書き。
みんな心配するよね。
f0146466_18203548.jpg


あいかわらずシーランカンスには惹かれているのです。このステンドグラスいいなあ
f0146466_1819422.jpg



あまり興味もないけどついでなので夫婦岩にも行ってみた(カエルごし)
f0146466_18261847.jpg

f0146466_18321156.jpgカエルだらけの二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の御朱印もいただいておきました。


無事かえる。めでたしめでたし。





[PR]
by contrailfine | 2011-11-17 20:18 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

昭和のホテル

f0146466_2153453.jpg昭和の『華麗なる一族』の舞台になったモダンなインテリアは
文化勲章受賞の村野藤吾氏によるもの
f0146466_21554185.jpg
f0146466_21563743.jpg

f0146466_2158355.jpg

懐かしいような、落ち着く雰囲気は新しいホテルにはない魅力があります。

(夫はここのインテリアに亡父をかなりイメージしていたようです)




定宿にする人の気持ちがわかるような気がします。



この時代を知らない若い世代にはどう映るのでしょうね。


屋上からは伊勢湾のパノラマ
f0146466_2283599.jpg





[PR]
by contrailfine | 2011-11-17 10:43 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

志摩観光ホテルクラシック

部屋から志摩湾に沈む夕陽をぼーっと眺める
f0146466_9495872.jpg
夕陽百選に選ばれたという眺めも、雲ひとつないといささか味気ない
f0146466_9521714.jpg
旅にでも出なければ空の色をじっくり見たりはしないものです
f0146466_9534566.jpg



アワビが有名なホテル内のレストランで贅沢な誕生日を(祝うような歳でないけど健康を祝してね)f0146466_11181732.jpgf0146466_11184192.jpg
f0146466_11191589.jpg


f0146466_11193853.jpg
f0146466_1120324.jpgf0146466_11221232.jpg
f0146466_11225150.jpg伊勢海老・アワビ・松坂牛と
我が家的にはやっぱりかなりの贅沢
でした。

伊勢海老の出汁も濃厚、アワビも時間をかけて蒸してからステーキに。

ストレートに、美味しい時間でした。
レストラン内には藤田嗣治の絵画もさりげなく展示されてたり(写真などはばかられる)そこここにホテルとしての歴史を感じました。




[PR]
by contrailfine | 2011-11-16 23:38 | エピキュリアン道をいく | Trackback | Comments(0)

伊勢まわり

お伊勢参り。江戸庶民の人生最大の?娯楽、いまの海外旅行みたいなものでしょうか

f0146466_22202999.jpg
聖と俗というのは表裏一体
(今でこそ色町は存在しないけど)


現代の”俗”はもっぱら”食”


手こね寿司。
鰹の漬け丼です
そしてf0146466_22363274.jpg
あまりにベタな
”赤福”ですが

だけどここでこうして腰掛けていただくと、いかにも素朴で
できたては柔らかくほのぼのと美味しいのでした。


昔の人もこうして一休みしたのかと、時代劇の一場面を思い起こしました。




f0146466_22175429.jpg金比羅参りでは、参道の商魂に圧倒されて興ざめしたものですが、伊勢はもっとシンプルで落ち着きがありました。
f0146466_2217081.jpg

(そしてなぜか猫がいるのね)


[PR]
by contrailfine | 2011-11-16 15:13 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

神宮(またはお伊勢さん)

地名なしの『神宮』というのが正式名称らしいです。神宮といえば伊勢、ってこと
f0146466_23213932.jpg
ここから先は「写真はご遠慮ください」のみならず、フォトジェニック的にはきびしい?神宮。
その場に立ってみないと空気感はぜったいに伝わらないですね。



f0146466_22501446.jpg巨木があるだけでもなんだか神聖な気持ちになります


もともとお参りまえに身を清めた五十鈴川に、古代の神儀を妄想
f0146466_23311433.jpg





誕生日でもあることだし、これからも健康を願って御朱印を集めようかな、と
f0146466_23213923.jpg
ここ伊勢から始めるのはとても正しい気がします。
(だけど内宮→外宮と逆参りをしてしまった時点ですでにまちがい)

旅の目的はそんな殊勝(でもない)なことばかりでもないのでした。




[PR]
by contrailfine | 2011-11-16 10:12 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

そろそろ京らしい楽しみを

帯が出来上がってきました♪
f0146466_23461448.jpg
意外にあわせやすいんじゃないかと思います。デビューが楽しみ。

それにしても、こうして出来上がったものを見ていると
こういうこと、またやりたくなってきますねえぇ・・・



それからもう一点          この昭和レトロ感満載の帯。
f0146466_23503318.jpg
一緒に仕立てを頼んだこれは、母が昔むかし芋版で染めたもの。生地は大島ってちょっとした贅沢。
私のコートになる予定だったのですが、どうも着る気になれず反物のまま20数年(?)
今更着るには派手すぎなので、このさい帯にしてみました。




f0146466_2354562.jpg思いっきり地味な大島なんかにどうかな~と

明るめの紬でもいいかも

こういうテイスト、意外と若い人に受けそう?



などと考えるも楽し




f0146466_013635.jpg京都きものパスポート
着物で街歩きを楽しんでもらおうという行政と民間の共同企画です。

美術館やお寺、一部のお店でいろんな特典があります。
(10月1日~来年の9月30日まで)

着物レンタルや着付け直しなどの案内もあって
さすがにそういうサービスは京都らしい




遊びに来ませんか?紅葉もシーズンまぢかです。




[PR]
by contrailfine | 2011-11-07 00:16 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31