<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

三つめの季節は

いきなり寒くなりました。

先日、リトグラフを一所懸命やってる夢を見てしまいました。
版を作るために図案を分解しているリアルな作業です。
(その場所は玉野の創庫の染色の教室だったんだけど~)

夢の解釈は・・・
京都に来て、ジム通いがメインの毎日を過ごしている半年。自分のなかでなにかが不完全なのだきっと。


f0146466_18395760.jpg

ワインも自分で選ぶことをずっとさぼっています。

年齢とともに保守的になってる?なかなか冒険できなくなっています。



(・・・ムルソーが6月と同じなのは意味が???)






f0146466_115484.jpgとりあえずネイルに凝ってみたりする

紫と緑。好きな色ですが確実に引く人もいるね


[PR]
by contrailfine | 2011-10-27 11:51 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
悔しいことに
f0146466_9155848.jpg
何より悔しいのは人のせいにできない、まぎれもなく自分で割りました。しくしく・・・

有田の『福珠窯』の小判型のお皿。買ったときより使ってからのほうがその価値がわかった、ねうちもの(私にとって)。
なのでぜひとも同じものが欲しいのだけど京都のどこで買えるのか、まだみつけられないでいます。

伊勢丹でたまたま柄違いサイズ違いをみつけて思わず購入したものの
f0146466_2282358.jpg
違うだろ~~!!



f0146466_2264184.jpg
欲しいのはひとまわり大きな下のサイズです。(京都のひとはきっと豆皿が好きなんだと思う。錦市場にもいっぱい並んでるし)


京都はやっぱり京焼・清水焼。(この違いがよくわからない)
その特徴もいろいろありすぎてさっぱりわからない。
なおかつ、食器屋さんのな~んとなく、京・清水焼のほうを有田より上に見てるカンジも気に入らなかったので、ぜったいに有田焼きにこだわりたいと思います。ふん。
ゆっくりさがそう。



これは何年も前に京都旅行で買った骨董のお皿。(有田?)私が買うので高価なものではないです。
f0146466_22194293.jpg
昔のものだから当然手描き。これだけのものを今新品で買うより割安感があるように思って。f0146466_22242872.jpg

ウラもこんな


有田焼も「売れなくなった」って声を聞いてもう何年もたちます。
今はもっと厳しい状況なんだろうなと思いますが、日本の伝統工芸がすごいスピードで廃れていくのを感じるのは陶磁器に限ったことではありません。

どうしようもないんでしょうか



f0146466_22271119.jpg和菓子だけは不自由しない古都でした。


ワタシモアイカワラズ。



[PR]
by contrailfine | 2011-10-20 22:37 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

イケズを考える その1

f0146466_22262898.jpgこれはいわゆるイケズ石。
(曲がり角に設置されています。車が家にぶつからないように。
その本意はこんなせまいとこにでかいクルマではいってくんな、だそう)

ここまでがっちり固定してあるのも珍しい。


京都の人の言うことを真に受けてはいけないと聞きます。
心にもない社交辞令がまかり通っているというのがもはや都市伝説のように私たちよそものをおののかせています。
今回の上京の際にもいろんな人にそれは聞かれましたが、タテマエとホンネが違うのはオトナである以上、どこであろうと存在しますし。
f0146466_13154318.jpg
京都ライフのテキスト『イケズの構造』

表紙の
いーえ!そんな<いちげんさん>やとか偉そうな店とちゃいますよって

こわいですね。


この本によると、イケズというのは意地悪ではない、悪意のない婉曲な表現らしいので
それじゃ、どんな状況でもお笑いを求めてしまう関西の、体裁をかえたものなんじゃない?と思いました。
言わずにいられない挨拶代わりのジャブ、みたいなもんでしょうか。

ほんとうのイケズはもっと奥深く、使いこなすには相応の教養や愛情が不可欠らしいです。
思ったとおり、シェイクスピアのあのまわりくどい冗長なセリフはイケズの真髄らしく、京都弁で翻訳するとそのニュアンスはより理解できるとか。(蜷川さんやってくれたらいいのに)


私がじっさいにイケズ(?)を実感したのは、住宅事情がわるい京都で社宅探しも難航し、やっと決めて岡山に帰ると家主さんの翻意でキャンセル。今日一日の苦労はなんだったの?
でした。忘れもしない3月11日のできごとでした。


f0146466_14502126.jpgデパートの催事・京都展でお馴染みの『花背』

このお店で生菓子を買いたいと思っても
・要予約
・一種類5個以上

って、ことはお茶会用?

です。(そんならディスプレイするな)


そんなルールもイケズと思えばイケズ。
ルールを知らない人間が「いちげんさん」


そんな感じで、主にお店などで行き違いが生まれるシチュエーションになることが多いかと思いますが、ひとりひとりと話すとほとんどは気のいい人です。だと思います。


イケズは、どうやら該当する共通語がないようなので、もっと一般的な常用語として定着することを待ち望んでいます。(説明になってないな・・・)
「ほっこり」とか「まったり」とか、昔はなかった言葉が意味もあいまいなまま横行して新聞なんかにも使われてるでしょ。「イケズ」にも市民権を。ね。



またイケズを体験した暁には”その2”を報告したいと思います。


[PR]
by contrailfine | 2011-10-15 15:16 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

原爆の絵と写真の展示 

京都駅を通りかかると『京都府原爆被災者の会』による原爆の絵と写真の展示をやってました。
不意打ちをくらってものすごい衝撃を受けました。

この新聞は当時発行できなかったものを復元?したものなんですが
f0146466_23485298.jpg
f0146466_23482548.jpg
この新聞があることによって、嫌でも震災のことに思いが。
苦しくなってしまって
たぶん同じように感じている方もいたと思います。外国人も含め、沈痛な面持ちで展示に見入る人は多かったです。





[PR]
by contrailfine | 2011-10-14 00:15 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
10ヶ月ぶりの横浜来訪でした。知り合いに直接被災した人はいないけど、震災後初めてなので会いたい人はいっぱいいて、顔を見て話をしてほっとしたかった。
f0146466_11205943.jpg
まだ会えてない心残りもあるけど


友人にも何人か会えたし、呉服屋さんにも帯の仕立てを頼めたし、ワインショップも、お変わりなかったけど(京都から横浜の呉服屋に行くなんて逆説的ね)

変わるもよし変わらないもよし。
横浜から滋賀(お隣じゃないですか~)のご実家のほうに帰られるY村さんも、今後のご健康とご活躍をお祈りしています。いままで和服コーディネートの相談に(さんざん)乗っていただき御世話になりました。
私も頑張るわ。

ってことで。





[PR]
by contrailfine | 2011-10-06 23:20 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

イタリアンランチと

ワイン友達・星野佳代さんが料理研究家の方といっしょに催したOne Day Cafeへでかけ
f0146466_2221328.jpg
メニューのバランスもよくて美味しかったです。



そしてスイーツも
f0146466_2364439.jpg


教室で一緒だったSさんとも会えて、話もできて楽しかったな。
そんな会話をしばらくしていなかった自分に気づいたのでした。京都でまだ半年、時間をかけないと得られないものもありますよね。(時間とともに失うものもあるかもしれないけど)

今度はいっしょにワインをね。ぜひぜひ。





f0146466_23131126.jpgそして日常となにか違うテンションになっていた私はこんな本も思わず買ってしまう
(けっこう高かったの)





[PR]
by contrailfine | 2011-10-01 22:20 | エピキュリアン道をいく | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31