ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お馴染みの恐竜に再会の旅

って、大袈裟ですか
f0146466_21233581.jpg


f0146466_21241086.jpg


f0146466_21245091.jpg


人の想像や理解を超えたこんな生物がかつて地球上にいた、という事実にはわくわくさせられます。
生命の目的が生き延びることだけだとしたら、そのために体を巨大化させていった恐竜と、頭脳を発達させていったヒトと、どちらが成功といえるのか
恐竜に比べるとヒトの歴史はまだ一瞬だから、比べようのないことです。
ヒトにいつまで、どんな未来が?     楽観的になりたい今日この頃です。




京都に来て早や三ヵ月半。車で3時間かけて岡山のおなじみcafe Zまで。
なんとか帰省も車で、と予行演習のようでもありました。さてさて。



f0146466_227554.jpgなつかしいお花屋さんでトルコキキョウとルリタマアザミを買って帰る


生きた花を毎日眺めて水切りする

それだけでもいいなあ


K博士、京都来訪をお待ちしてます。



[PR]
by contrailfine | 2011-07-30 23:26 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

カッコイイって

いちばん(?)好きな俳優さんがついに亡くなってしまいました
f0146466_21202375.jpg
久々に『陽炎座』のDVDを鑑賞(おこさま厳禁よ)


でも主演は原田芳雄さんじゃなくて”カッコワルイ”松田優作さん
f0146466_21364142.jpg
鈴木清順映画には原田芳雄さんは欠かせないでしょ

学生時代に名画座に『ツィゴイネルワイゼン』との二本立てを観にいって、M助教授にバッタリ、「君は学校には来なくてもこういうところには来るんだね」
などといわれのない発言をされ、とってもいないフランス語の先生に友人といっしょにお茶をごちそうになった。
いろんな人に出くわした最終公開日でした。(広島も狭いの。学校にはちゃんと行ってましたよ)


思い出深いなあ。


若い頃には若い頃の、そして最近までいろんな役での存在感。そして主演映画が遺作。
かっこよすぎ。





f0146466_21584628.jpgあいかわらずこんなことも


f0146466_2205220.jpgこんなことも


賀茂茄子にもはまっています。



そんなこんなで夏を乗り切っていきたいと思います



[PR]
by contrailfine | 2011-07-24 22:04 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

山鉾巡行・やまほこじゅんこう

奥の高いのが『鉾』・手前が『山』
f0146466_22165773.jpg


涼しい見学スポットを教えていただいて、気分だけ味わってきました。
自分の街に伝統のお祭りがあるなんてやっぱりうらやましいと思ってしまいます。
(だいたいお祭りって男のひとのもんなんですがね)



f0146466_2319512.jpg16世紀のベルギーのタペストリーだそうです。

ほかにもペルシャ絨毯とか、意外にワールドワイドな装飾なのでした


f0146466_23311797.jpg厄除けの『粽』

※食べられません


翌日街に出ると  鉾の解体風景。
f0146466_23325728.jpg
鉾の解体風景にお目にかかりました


おつかれさまです



そんなわけでf0146466_23475757.jpg

ムルソーへの固定概念をぐらつかせる?ムルソー


続いていくものはそれなりの根拠がちゃんとある
だけど意外に革新的
それも京都。





[PR]
by contrailfine | 2011-07-20 23:56 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

夏といえば

祇園祭に鱧。

よりも、賀茂茄子との出会いは衝撃

f0146466_2225625.jpg
ソフトボ-ルくらいの大きさですね




田楽が定番だけど、焼いて揚げ出しふうにしてみました
f0146466_2282823.jpg
見た目ほどボリュームはなく、普通の茄子よりずっと柔らかくて軽い食感がほんとに美味しいです。





[PR]
by contrailfine | 2011-07-16 22:18 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

目が覚めると

夏が来てました。皆様ご存知のとおり、京都は暑いです。ええ、とってもね
(岡山で暑さに慣れといてよかった)
f0146466_224151100.jpg
気がつけば一ヶ月もブログをさぼってしまいました。
(心配をしてくださった方もいらして申し訳ありません)

京都らしいところには足も運んでいないのですが、街に出ると祇園祭。
1142年に東北で起きた「貞観地震」、その年に始まったという祇園祭、疫神をもたらす災厄を鎮めるための祭り
と思うと、その意味はいっそう深い今年の夏です


メインの巡行には、この猛暑+人出が怖くてとても行く気になれない軟弱ものですが



暑さでどうかなっていたらしくf0146466_2395142.jpg




デコってしまいました





[PR]
by contrailfine | 2011-07-14 23:12 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29