<   2010年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

冬景色のクマ

・・・冬かなあ・・・この寒さ
f0146466_0323982.jpg
カオのあるものはなるべく買うまいと思ってたけど

ウィーンの『美術史博物館』でつい

ブリューゲルのあまりにも有名なこの絵のクマさん
f0146466_0352512.jpg
(こういうの、大英博物館にも見習って欲しいなあ)


旅日記も途中ながら(日付順に遡って更新しています。見づらくて申し訳ありません)
実家でちょっと親孝行?ですので、しばらくまたお休みします。
人生がだんだん重くなる歳でございますね。(カゼも抜けてないので苦しい)


またよろしくお願いします。

瀬戸内・・・にもとうとう行けず~



[PR]
by contrailfine | 2010-10-27 00:42 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

極寒の中欧より

帰ってまいりました。
極寒というのはこの時期、言い過ぎなのかもしれませんが、すくなくともこのあたりの真冬より寒かったです。
f0146466_16221883.jpg
プラハのマンホールを踏む 暖かそうな陽射しでも気温はヒトケタ

寒さ+乾燥 でちょっと風邪です



[PR]
by contrailfine | 2010-10-23 16:35 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

クロスオーバーが肝要

ブダペスト・建物外壁の装飾。タイルがきれいです。
f0146466_3122983.jpg


古くからの建造物が多いけど、いろんな建築様式のミックスもけっこうあって、それはそれでさまになってるのが不思議。

市場も屋根がモザイク
f0146466_3142481.jpg

そのとき最先端の様式で修復しちゃうらしいので、時代ごとのツギハギになって、そうして街の景観が作られていくのですね。

よくわかんないけど、面白い。

f0146466_322175.jpg

ウィーンでも、大聖堂の屋根はモザイク。たぶんあとから?
f0146466_324571.jpg


今でも修復の際には、もとのスタイルにするか新しい手法で直すかというのは議論になるそうです。
勇気あるなあ。でもそうやっていろんなものを取り入れて、洗練され淘汰されて、中欧の美が形成されていくんだな、と。




[PR]
by contrailfine | 2010-10-22 03:10 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ウィーン街歩き

f0146466_11173185.jpgチェコからウィーンに入ると、物価がほぼ日本感覚



f0146466_13341785.jpgモーツアルトのコンサートでも
アンコール曲は
ヨハン・シュトラウス。
お約束


スワロフスキー。ですが
f0146466_11181233.jpg



f0146466_11275632.jpgシェーンブルン宮殿のショップで買ったクリスタルつきの切手

使えないでしょ~




f0146466_1135354.jpgオーストリアといえばアウガルテン

でも、今の自分の生活のなかではどうあっても不似合いだと実感したのでした。
きっとほんものには見えない。
ハンガリーのヘレンドもそう



昨今はやりの北欧系のほうが、やっぱり和との相性はいいかなあ

安価だし


f0146466_1361523.jpg街なかにローマ遺跡っていうのもグッとくる



そしてf0146466_13215646.jpg


     DEMELでチョコレート




f0146466_1322142.jpgHotel Sacherのザッハトルテは






美味しいっていうか、
なつかしい感じ


でした。





[PR]
by contrailfine | 2010-10-21 20:15 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ウィーン美術史博物館

f0146466_22254194.jpg
このフェルメールは、所有権を争っているそうで、今後見られなくなる可能性もあるとか。
”やっぱりうまいな~”とは思ったけど、それ以上の感動は・・・



f0146466_22321360.jpg

ハプスブルグ家のコレクションのために作られた豪華な美術館




f0146466_2242271.jpgブリューゲル、ベラスケス、ラファエッロもティントレット、レンブラント、クラナッハ、デューラー
などと
きりがない

そりゃもう美しい絵画がいっぱいでもう

間違いなく、ヨーロッパの行くべき美術館のひとつ。



宮殿なんかいいから、こっちに二日間行ってもよかった?(疲れるけど)



ハプスブルグ家ってやっぱりすごいんだわ



[PR]
by contrailfine | 2010-10-21 15:24 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ウィーンの空白

青い顔して大丈夫?
f0146466_1721258.jpg
大丈夫じゃなかったんですよ。
夫、寒さ?食あたり?でウィーンの一日をフイにする。




そんな軟弱者をホテルに放置しシェーンブルン宮殿へ
f0146466_17254975.jpg
ヴェルサイユとかそういう類の宮殿って、見てると途中で根負けします。
f0146466_17272115.jpg
見て疲れるんだから暮らすともっと疲れるでしょ


ってことなのか、どうなのか、エリザベートはウィーンに帰ってくると具合が悪くなって旅に出ると回復、の繰り返しだったとか
(ダイエットしすぎじゃないの?と思ったけど。肉は食べずに茹でた肉汁だけとか、そういう生活で身体もアタマのなかも健全なはずはない。よね)



[PR]
by contrailfine | 2010-10-20 17:20 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
f0146466_21431061.jpg


f0146466_215559100.jpg


f0146466_21514014.jpg


f0146466_21564838.jpg


f0146466_21574053.jpg




[PR]
by contrailfine | 2010-10-19 21:42 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
チェコといえばカレル・チャペックでしょ、と思ってたけど、
(白状するとカレルチャペック紅茶店というのも輸入物だと最近まで思ってました。まさか日本のものだったなんて~ちょっとがっかり)

きれいな絵本を買いたいと本屋さんへ行って
f0146466_1944211.jpgなんだかシュールなこの絵本を購入


他の本も、ただ明るいという色彩のものは少なくて、日本ではあまり子供に薦めたくない暗そうな絵も多かったです。
好きだけど。
f0146466_1952610.jpgくつしたのしおりつき
f0146466_1963457.jpgナマコのような登場人物?だけど
f0146466_1972860.jpgたぶん
ほのぼの系
・・・な話
このほんわかした白いのが主人公と思われるf0146466_1995270.jpg

このオールカラーの本はだいたい日本円で2000円くらい。平均年収や物価を考えるとわりと高価?


オーストリア支配のもと、チェコ語は禁止されていた時期があって、サブカルチャーの中で生き残ったという歴史があります。
児童書をいろいろ物色しているとチェコ語で描かれた歴史の絵本も多く、言語を大切に、歴史とともにちゃんと伝承していきたいという意気込みが感じられました。



[PR]
by contrailfine | 2010-10-18 18:37 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

プラハ城その近辺

件のオバマ”核なき世界”演説がされたのがこのあたり。
f0146466_2281528.jpg
あれから一年半ですね
(鎌倉で抹茶アイス食べるひまがあったら広島平和サミット行けば、と思ったのは私だけじゃないはずきっと)


日に日に寒さが増すようで、この日、カフェで普通にホットワインを飲んでしのいだのだ
~寒いのがいけないんだ寒いのが~



f0146466_22332851.jpg



f0146466_22342924.jpgミュシャのステンドグラス


ここだけじゃなくてボヘミアのステンドグラスはどこもきれい


f0146466_22351664.jpg


f0146466_22353918.jpg



f0146466_0551516.jpg
f0146466_154693.jpgここにも
あちこちに見える青銅のドーム屋根

たとえばこんな

広島人としては思い入れ深い



f0146466_182041.jpg
原爆ドーム=産業奨励館はチェコ人建築家の設計でした。




[PR]
by contrailfine | 2010-10-18 13:05 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
ここストラホフ修道院もハリー・ポッターに使われたそう
f0146466_22504985.jpg
プラハでは映画の撮影が行われることも多いらしいのです。景色や雰囲気のある街並みを見るとそれも納得。
(トム・クルーズもMI4の撮影で滞在中、そんな気配はどこにもなかった・・・)

残念ながら修道院中での写真はNG。

俗世間から隔絶された修道士たちがものすごい情熱をかたむけたデコラティブな書物や聖遺物の容器など、面白いです。神への奉仕だったんだろうけど、どう見ても楽しんでる。



修道院っていうからには、ワインももちろん作るの
f0146466_2315660.jpg
ここからの眺めもきれいでした


野趣溢れる?チェコワインも飲んでみましたが、ここはビールの国なのでした。
f0146466_1443057.jpg
市民会館、という名前とはイメージかけ離れたアールヌーヴォーの華麗な建物にビアホールがあります。
f0146466_1505928.jpgf0146466_1511191.jpg
ビールにはちょっと 寒すぎ?!の夜
f0146466_1583564.jpg




[PR]
by contrailfine | 2010-10-17 17:50 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine