<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

5%

消費税。上がって欲しくないなあ。

でもこの数字、ちょっと前にやってた土曜ドラマ『外事警察』の視聴率がそんなものだったみたいです。面白かったのに。

公安警察というとかなり陰湿なイメージ。外事って、それに輪をかけてダーク。
スパイとスパイの騙し合いや協力者が殺されたり、なのに、テロの脅威は結局、保安会社の日本政府に食い込むための大掛かりなでっち上げだったという、家族にも隠して命のやり取りをしている現場にとっては憤懣やるかたない結末です。
でもそれすら逆手にとるしたたかさも持って、「普通の生活がしたいんだ」と警察を去る。その実、ウラのウラへのさらなる潜伏活動へのスタート。ラストシーンはそんな主人公が刺されて終わる。
どうなったの~?続きが気になる!
と思っても、こんな視聴率じゃ続編は望めませんね。

(ややこしい文章ですみません、ストーリーもややこしいので・・・)

さくっとあらすじはそんな感じですが、非人情なことをやらざるを得ない、それに絡めとたれるのも、いろんな過去や感情をもった人間。
配役も絶妙で、よくできたドラマだと思ったんだけど~5%は悲しい。20人にひとりよ。

自分がそういう意味でマイノリティであってもぜんぜんかまわないんだけど、消費社会において、特に最近は切り捨てられていくようで、それは困る。
こういうご時勢だから、いろんなところで不採算部門は消えていってます。
少数もその存在は尊重して、いろんな価値観が混在して、そういうのが健全な社会のような気がするけど、いつのまにか選択肢が狭められていくような危機感があります。

ちょっと大袈裟かなあ。だけど、出版とか、映画とか、そんな風潮ありますね。


f0146466_21302953.jpg

3年ぶりに?鼻かぜをひいてしまったので
週末ワインもお休み(泣)




       トラ焼き?
f0146466_21304695.jpg




f0146466_2133529.jpgワインじゃなくって生姜よ。



(どっちがあったまるかな)
[PR]
by contrailfine | 2010-01-31 21:37 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
f0146466_22113025.jpg
こういう一日講習会というと、和気あいあいと楽しく?作業して、作品も出来上がって、というお気楽なカンジを想像されるかもしれません。

実際はずっと下むいて、黙々と羊毛をちょっとずつ、できるだけ均等に並べていって、後半はそれをこすり続けるという必死な作業。
それでようやくマフラーが出来上がるのでした。

修行でございます。



f0146466_22171520.jpgまんなかに配したシルクオーガンジーにからめてフェルトを成形するという、珍しい手法です。

マフラーとスカーフの中間のような、ボリュームは小さいのに暖かいので、とても使いやすくてこれからの季節は特におすすめのすぐれもの。


それだけに、
一年前より修行度アップで

そんなわけで、満足の仕上がりというわけにはいかなかったのですが
(フェルトとオーガンジーにスキマが・・・このあたり、修行が足りませんわ)


ちょっと春っぽいこの軽さもいいでしょうか。


今日もおせわになりました。ありがとうございました。


f0146466_2217474.jpg
おやすみなさい。楽しかったけどやっぱり疲れた~

[PR]
by contrailfine | 2010-01-30 23:04 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

日傘プロジェクト Ⅱ

なんだかよくわからないでしょうが、ハイライトになる部分にロウをおいています。
f0146466_213324.jpg
先は長いわ。

ところで、
ロウふせ=染料が入らないためのマスキング なわけですが、

f0146466_21385953.jpgこんなふうに、知らないあいだにロウをとばしてしまったり私の場合あるので、ロウのためのマスキングも欲しいと思ったりするのでした。
(ほぼ取り返しがつかない)




えっと、ホワイトタイガーさんでしょうか?
f0146466_21344842.jpg
違う?

[PR]
by contrailfine | 2010-01-29 21:45 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)
ここ何年か必需品になっているレギンス。つい何年か前はベビー服?というこのレギンス、とくに冬場はあったかいので、いつのまにかうちでもタイツを駆逐しつつありますが

しかし、

このレギンス、決してそれだけでは成立しないのが困ったところ。
素足で靴はきたくないので・・・フットカバーなるものが必須になってくるわけですが
このフットカバーがまた悩みの種で、レギンス+フットカバー+靴という3アイテムがしっくりくればいいけど、なかなかむずかしい。
それに靴脱ぐときは当然、ひどい場合は歩いてて脱げる。足のサイズ実寸21.8cmの私も、24cmの人も、同じサイズじゃそれは脱げるわ。

ただでさえややこしいことになってるのに、またトレンカというヘンなものの出現に、悩みが増える昨今です。


みんなどうしてるんでしょうねえ???

と、私がこんなに苦悩しているというのに、颯爽と街ゆく女子は、なんの苦労もないように見える。
ブーツの季節がい終わる頃にはまた新たなアイテムが出てきて、またまた流行ってものにふりまわされるんだろうか・・・


なんだかんだ言っても、それも楽し。




f0146466_23564866.jpg

ユニクロのルームソックス。
「ウザギ・・・じゃなくてホワイトタイガーみたい」
と言われています。


サイズは小さくても猛獣ですもん。
[PR]
by contrailfine | 2010-01-28 23:19 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(4)
f0146466_165691.jpg
次のクルマいこう

[PR]
by contrailfine | 2010-01-26 16:58 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

妄想 その2

NHKスペシャル『メイド・イン・ジャパンの命運』を見てたら、『バックトゥザフューチャー』を思い出しました。
あたりまえだと思ってた、”メイド・イン・ジャパン=安価で優秀”の常識が、主人公の父親の青春時代になると”メイド・イン・ジャパン=粗悪品”だったという。
アメリカの、古き良き時代、この、価値観の変遷がまた起こったってことね。認めたくないけど。

”安価で優秀”の主流商品というともはや台湾?中国あたりのものらしいので、メイド・イン・ジャパンは、特化したマニアックな?製品を作っていくことが生き残りの道、ということになるんでしょうが、

そこんとこ追求していくとやっぱり、

オタク。日本人の得意な


f0146466_22543441.jpg染色の先生に長いこと借りっぱなしの『宮崎駿の雑想ノート』
だらだらと読みかけては~やっぱり読みづらいと思うのはきっと私がオタクじゃないからだわ~

前の本もそうだったけど、これが本領なのね。『ポニョ』なんてほんとはどうでもいいんでしょ。
(ポニョ見てないのでなんともいえないけど)
f0146466_22363656.jpg

これをもっと一般ウケするように妥協していくと『紅の豚』になるわけだ
f0146466_22364461.jpg

(戦争にはその国の知力が結集されるわけだから、軍事には民族性が現れる。
教養として軍事モノは面白い。
と佐藤優さんも言っている)





ミケランジェロも、戦車なんて設計してたダ・ヴィンチも、私はオタクだったんじゃないかと思っています。(ラファエロはちがうけど)
メイド・イン・ジャパンの兵器を作っていこうというのではなくて(たぶんもう作ってるだろうけど)、大量生産的なモノより、なにか突出した個性的でマニアックな、ニッチな、メイド・イン・ジャパン=そんなものになっていくのかなあ。
と思ったのでした。
[PR]
by contrailfine | 2010-01-25 23:34 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
これはそのための試作品の風呂敷。できました。
前回の写真とのあまりにかわりばえのなさにわれながらびっくり。変わってるんだけど~)
f0146466_17333368.jpg
いろんな反省点をふまえつつ、





いよいよ本番の日傘に着手です。
f0146466_17342239.jpg
傘は立体だし、縫い目もあるし、で、今後の作業はかなりむずかしそうです。


日傘の季節にはまだ時間がある!
[PR]
by contrailfine | 2010-01-22 17:42 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

アドレナリン

アドレナリンが分泌されると、血糖値が上がって空腹感がおさまるらしいです。
f0146466_1814152.jpg
もちろんこんな写真ではそんな効果は望めない。
というか、イケメンスポーツインストラクターという必然性がそこではじめて理解できた。


~T支店長の魔よけ札もそんなチカラはないのだった~


とりあえず、全力ダッシュ10秒。


しかし、酔っ払って「もういいよね~これくらい」となったときの抑制力が欲しいという、私たちの永遠のテーマはいっこう解消されない。
[PR]
by contrailfine | 2010-01-21 19:25 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

鉄っちゃん疑惑

うちの夫のことです。

横浜に行ったときにも、わざわざてっぱく(鉄道博物館 in さいたま)まで1時間以上かけて行くし、
スイスの世界遺産になった、レーティッシュ鉄道に行きたいとか、

あげくにはこんなものをもらって来る。f0146466_2025587.jpg

うちは部屋も少ないし、カレンダー何部もいらないから。
いまだこの状態


「鉄道ファンなの?」と何度聞いても
「そういうわけじゃないよ」というお返事。

ファンじゃないのか!
たしかにグッズは持ってない様子。



でも、
好きなら好きでいいじゃないねえ。






キャラメルコーンのパッケージの可愛さに、もう少しで買ってしまうところでした。
f0146466_20324987.jpgf0146466_20325792.jpg



 あぶない
 あぶない

受験シーズンですもんね。そういうドキドキは何年体験してないかなあ。
土曜ドラマ『君たちに明日はない』受験っていちおう公平?だけど社会は理不尽でいっぱい。頑張る。



※どなたか、「世界の車窓から」カレンダーお使いになりませんか。勿体ないのですが使うこともなく捨てることになりそうなので・・・
[PR]
by contrailfine | 2010-01-19 20:42 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

WILD THINGS

観にいきました「かいじゅうたちのいるところ」
f0146466_18253168.jpg
それにしても、よくつくったなあ。作りたい気持ちはとてもわかる。
制作はトム・ハンクス、監督はスパイク・ジョーンズです。


かいじゅうたちがそりゃもう、キュートです。
(不快とかわいい、の境目てどこなんだろう)
このかいじゅうたちはワイルドな外見ながら、ある意味とても人間なんでした。(実際、CGで作られた表情はとても豊か)
いいひとだからって人間関係が全部クリアになるわけじゃないもんね。
主人公のマックスも、かいじゅう=WILD THINGSというのも、私のなかにちゃんといる。わがままで凶暴だったり繊細だったり。



f0146466_22144918.gifかいじゅうたちはいつも私の傍にいるのです。

だって、そっくりな人を今日みつけたもの。

なんだかうれしかった。

[PR]
by contrailfine | 2010-01-18 22:20 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine