<   2007年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

古代史は好きですか?

 私は好きです。詳しくはないですが。

 日本各地にある鬼退治の伝説のもとは、そのだいたいが大和朝廷による日本統一にともなった、先住民族などの排除の歴史だということです。

 「鬼」はつまり、悪役を背負わされた悲劇のマイノリティです。


 「桃太郎」(岡山ルーツ説)の鬼は大陸からの渡来人、らしいです。

 桃太郎のモデルは、吉備津彦命(きびつひこのみこと)。悪行を尽くす温羅(うら)を退治したとされています。
 または、朝廷が製鉄技術をもった目障りな渡来人を滅ぼした歴史?とも。
(ちょっと「もののけ姫」の世界ですね)


             吉備津彦命を祀った吉備津神社の長い回廊
f0146466_11573956.jpg


 
 「神話」の中の話です。その整合性はともかく、いつの時代か、ここで何かがあって、古代史のひとつのターニングポイントであったろうと想像するとワクワクしてきます。

 ほかにも「鬼ノ城」「血吸川」など鬼にまつわる地名もゴロゴロ。
 まだまだ奥の深い吉備路、探索してみたくなりません?


 今週末は「桃太郎まつり」です。
[PR]
by contrailfine | 2007-07-31 13:15 | 岡山のあるきかた | Trackback | Comments(0)
岡山の夏は暑いです。

お隣の広島より最高気温も何故か高い。

そんな太陽の恵みいっぱいな岡山、果物だけじゃなくてもちろん野菜もパワフル。

f0146466_21464735.jpg


   頂き物の茄子。

こちらには知り合いもほとんどいないので、ときおりこういうご親切に触れると
とても嬉しくなります。


新鮮で見るからに美味しそうだったので、シンプルに・・・



f0146466_2247735.jpg

焼き茄子。


・・・感激ものの美味しさでした。

昔食べた焼き茄子はこんなに味が濃かった気がします。



お店で買う野菜とどこが違うんでしょうね。
新鮮さ?
[PR]
by contrailfine | 2007-07-29 22:02 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
目の前の鉄板で鮮やかに料理を仕上げてくれるお店です。
f0146466_10332119.jpg

メインのステーキのみならず、前菜・スープにも手を抜いていないデリケートなものでした。
器も凝ってます。

ワインは、モレ・サン・ドニ2004を頼んだのですが、こういうシチュエーションでブルゴーニュワインはちょっと勿体なかったという後悔も少し。

出来上がっていく美味しそうな牛肉の、香ばしいガーリックライスの、(それに隣席のタバコの・・・)それらの香りはできれば別々にあってほしい。
南仏あたりか、カリフォルニアワインだったらぴったりだったのかも。

でも本当にアワビも、ヒレ肉も、素晴らしかったです。

f0146466_764080.jpg
f0146466_771461.jpg


                              ・・・ こんな贅沢は滅多にないです。
[PR]
by contrailfine | 2007-07-29 07:22 | エピキュリアン道をいく | Trackback | Comments(0)

瓶詰め専門店 『alimna』

連日真夏日の岡山です・・・



岡山駅西側の商店街に出かけました。

ここは昭和の空気そのままを残した街です。
f0146466_16272516.jpg
             「只今20円で運転中」です。誰か乗ってあげて。




そんな商店街に、手作りジャムを買いに。

地元の果物でジャムを作って、販売している「瓶詰め専門店」です。
若い女性ひとりでやっているお店なので、営業も週3日。
甘さ控えめで、大人むきの味かもしれません。もちろん無添加。

季節の「桃ジャム」と、「ブルーベリーにシナモンと赤ワイン」の二種類は、プレゼント用に購入。

f0146466_173455.jpg


            空き瓶10個で50gのジャムと交換してもらえます。
[PR]
by contrailfine | 2007-07-28 16:52 | 岡山のあるきかた | Trackback | Comments(0)

州都???

 州都って?

ほとんどの人は(特に首都圏の人は)よくわからない話だと思います。
なんでも日本に「道州制」を導入しようという動きがあるらしく、地方では死活問題になりかねないので、一部で非常に盛り上がっているようです。

国も赤字を抱えて大変なので、自治体を強力化して、自分たちでなんとかしなさいよ、というまあそういうことなんじゃないかと。破綻しそうな町があったら州で面倒みてね、と。

解釈が違ってる?

 ─── でももし「関東甲信越」なんて州ができたら、中越沖地震の復興も、東京都民の税金投入でスピーディーにことが運んだりなんかして、それはそれでいいかも ──



ここ岡山でも「州都」目指していろいろ画策してるみたいです。
ライバルは広島なので、「四国にこんなに近い」優位性をなにかとアピールしている感じがあります。

道州制自体、どれほど現実味があるものかも不透明だけど、気がついたら国会通っちゃってた、ってことも考えられる・・・かな?

地元の利権を背負った議員の皆さんがきっと水面下で活動なさっているはず。


大きくならないと生き残れないって危機感がありますね。なんだかね・・。
[PR]
by contrailfine | 2007-07-27 08:39 | Trackback | Comments(0)

型 完成?


先週図案を映した型を彫りました。

地道な作業です。

f0146466_20393589.jpg

        これがどんな物に仕上がっていくか楽しみです。
[PR]
by contrailfine | 2007-07-25 20:51 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

梅雨明けの夕焼け

f0146466_19194285.jpg

キッパリ、梅雨があけました。

空気が前日とまるで違います。

容赦ない陽射しがこわいけど・・・これでもうすぐ桃も美味しくなるんですね。


f0146466_1952712.jpg  
待ってます!!
[PR]
by contrailfine | 2007-07-24 20:00 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

映画 『舞妓Haaaan!!!』

f0146466_9165469.jpg
ファンタジー映画でした。
(ファンタジーと言わずして何というんだ)

阿部サダヲさんの、毛穴まで演技しちゃってるんじゃないかとまで思ってしまう全身の怪演、
すごいです。CGよりファンタスティック。


ひとつのテーマパークとしての「京都」からブレない、軽さ、潔さがクドカンらしくてよかったと思います。


キャストですから、恋愛なんてそんなもんより、テーマパークの住人になれる幸せ。

理屈は抜きで。
[PR]
by contrailfine | 2007-07-23 23:32 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

酒と薔薇の日々

f0146466_7295026.jpg





     花を買って、




呑む。

いい休日じゃないですか。

f0146466_7223248.jpg

   暑い日にもなかなかよろしいかと。

      ボジョレ[2004]
     (マルセル・ラピエール)
[PR]
by contrailfine | 2007-07-22 23:20 | エピキュリアン道をいく | Trackback | Comments(0)
   フルーツ王国もこれからが本格シーズンになります。
f0146466_18204516.jpg


  種も無く、皮ごと食べられる、「果物は面倒だから苦手」派にはぴったりのブドウです。
甘味は濃くないけどそのぶん酸味・エグミも殆どないので、「果物のここが嫌」という欠点も見つけようがありません。(”そこが物足らない派”もいるに違いない。}
シャクシャクした食感もブドウっぽくありません。
 
「桃太郎ぶどう」というのは桃太郎生産組合の商標登録なので、組合員以外が生産したものは品種名で売られているそうです。

  八百屋さんに、「このブドウは作り方が難しくて、この農家の作ったブドウじゃないとまったく美味しくないです。この人のは別格」と太鼓判を押されて思わず購入。


 それって、・・・ブルゴーニュ生産者みたいだ・・・とつい思ってしまった。
               (病気です}


 「フルーツ王国」岡山を支えるのは、天候の恵みだけじゃなくて農家さんの努力・ノウハウがいろいろあるんだ、と当たり前のことにいまさら感心した瞬間。

      同時に、図らずも桃太郎コレクションになってしまったことはちょっと屈辱。
[PR]
by contrailfine | 2007-07-21 18:56 | 岡山のあるきかた | Trackback | Comments(0)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine