ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

カテゴリ:染物教室( 274 )

歩みの遅いプランニング

ずっと新作のプランニングしなきゃ、と思ってはいるんです。
作品展のあった6月から。
この、下絵を描くという工程がいちばんたいへん。

夏のあいだは手拭いなんて染めてみたり、先月はひどい風邪でやる気出ないって
台風が来ると気圧のせいか体調が悪いわあ立ちくらみだってするし
(ほんとは貧血のカケラもない)

そんないいわけで先延ばし。

ですけどね、大先生のタフな仕事ぶりを見ているとそんな言ってられないなあと反省しました。
母よりひとつお若いので御年84歳。なのに、常に締め切りを抱えて制作の日々。
あちこち痛いと言いながら美術館めぐりも欠かさず。


・・・さぼってばかりですみませんでした。




古い羽織の生地を使ってタペストリーを染めようとアイディアだけは先行してたんだけど、具体化が難しい。
f0146466_15024039.jpg
たったこれだけのシンプルな線描くのにどれだけ時間かかってるわけ?
テーマは瀬戸内海と扇
平家物語みたいね


まだまだ、ちょっとずつです。
[PR]
by contrailfine | 2016-10-05 15:01 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

手拭いブーム?

8月の染色教室は、捺染で手拭いを染めることにしています。
(新作の絵がイメージだけでまったく描けていないこともある)

実家にあったこの古い浴衣地
f0146466_21163710.jpg
なかなか素敵なデザインだけど、今さら浴衣って着る当てもない、古い生地だから人にあげるわけにもいかない


ちょっとモダンな手拭いにしたりして
f0146466_21413618.jpg

f0146466_21415524.jpg
遊んでます。


そうして日常に戻ってきたなあと思っているうちに季節はだんだん秋に?!





[PR]
by contrailfine | 2016-09-02 21:52 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

捺染で手拭い

この夏は捺染をお試しでやっています。

私は、龍のタペストリーの型紙を部分的に使って手拭を染めてみました。
f0146466_22090142.jpg




f0146466_22090247.jpg




f0146466_22090409.jpg



なかなかサマになってると思いますがどうでしょう。







[PR]
by contrailfine | 2016-08-09 22:08 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

夏休み体験教室?!

こちらの教室は日本の型染に忠実な、防染糊を置いて色挿し、が基本です。
特別バージョン的に、今回はじめて捺染を体験することになりました。

それだけは私が経験者なので糊を用意して少々アドバイス。

みなさま、手持ちの型紙が豊富なのでそれを再利用です。
とりあえず手拭を。
f0146466_21033490.jpg



f0146466_21033763.jpg


f0146466_21033972.jpg


私の懐かしの千鳥+ミツバチ。
f0146466_953724.jpg



来年の作品展のバリエーションが増えるといいなと思います。




[PR]
by contrailfine | 2016-07-26 21:02 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

作品展

第四回の教室作品展も無事に開催できました。
こちらのギャラリーももうお馴染みな感じ。
f0146466_15413299.jpg



f0146466_15413534.jpg



f0146466_15413730.jpg




f0146466_15413983.jpg






f0146466_15414108.jpg





なんとかそれらしくなってる道中着 茶屋辻コッツウォルズ
f0146466_15414473.jpg
まあまあですかね。
去年秋ごろから下絵始めたから、完成まで半年以上かかったんだなあ








この教室の母体である「カラーハウス」時代のもと受講生の方とか、毎年みえる何十年来のお客様もおられます。
そういう方は、昔話ではなく、染色がとてもとても好きなんだと、お話しを聞いてると本当に感じました。
染色人口は多くはないけど、一度始めた人間は取りつかれたように深くずっと好きなんだなと思います。

滅びる一方だと思っていた型染も、ずっとこうして残っていくかもしれない。

そんなことも、この会がなければわからないことでした。





暑かったけど着物も着ました。今年は。
f0146466_17472871.jpg
もらったこのきもの、たてじまじゃなくて微妙に斜めジマ。よくよく見ると目がおかしくなる




f0146466_15422388.jpg



反省・課題を踏まえて来年も開催に向けて頑張ろうということになりました。
よろしくお願いします。
ありがとうございました。









[PR]
by contrailfine | 2016-06-13 15:38 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

仮絵羽

蒸し屋さんに仕上げに出して、帰ってきたのが金曜日。
搬入が月曜。
毎回ぎりぎりの日程になってしまうのはなぜ。
(・・・わかってるでしょ)


そして、展示のための仮絵羽仕立てを・・・

f0146466_16042731.jpg


道中着だし、ちょっと簡単に直線縫いでくっつけとけばいいや、と安易に考えてたけど、襟付けでカオスにはまってしまいました


じっくり見ずにさらっと、お願いします!




作品展、7日火曜日からです。よろしくお願いします。








[PR]
by contrailfine | 2016-06-05 16:03 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

地入れから色挿し

頑張って糊を置き、地入れして
f0146466_22272605.jpg




そして色挿し。
f0146466_22272963.jpg



背中が痛い。



ここまでこぎつけると先が見えたような気がしますね。








[PR]
by contrailfine | 2016-05-26 22:25 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

作品展のご案内

今年もこの季節がやってきました。
つぎは開催できるか毎回ハラハラしながらも、気がつけば来月に迫って来ました。
f0146466_124174.jpg

綾小路ギャラリー 武 にて
2016年6月7日(火)~6月12日(日)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
f0146466_155048.png


よろしくお願いします!
(ただいま制作中!)






[PR]
by contrailfine | 2016-05-24 01:08 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

糊置き

彫りあげた型紙で早速糊を置き始めました
f0146466_08565280.jpg

(いつになく糊に濃い着色をしてるのは、地色が薄いブルーグレーだから)





f0146466_22314933.jpg
この”つり”の部分は後からつぶしていきます




無地部分にもきっちり糊をふせているのは、地色が糊によって変色するからです。
f0146466_22314685.jpg




こんな手間のかかる段階を経て型染ができていくことは知られていないでしょう。
”染め”と”プリント”の違いもだんだんあいまいになって、そのうち着物がデジタルプリントでつくるのが常識、って時代が来るんでしょうね。

時代遅れなことをやってるもんです。私たち。














[PR]
by contrailfine | 2016-05-13 22:31 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

休み明けは何をおいても型彫り

旅行の思い出とかGWのちょっと長い帰省とか、ブログにアップしたいことはまだまだあるのですが、来月の作品展に向けて急いでやらなきゃいけないことがたてこんでおります。



先延ばしにしてた型彫り!

f0146466_12411747.jpg




まだまだシロウトっぽい。
デザインの未熟さもさることながら、型紙そのものの強度をきちんと確保しなくてはいけないのに、この不安定さ。

時間をかけて絵を描いてもこのザマだ。
そして、この結果が出るのは糊を置いてからでも、色挿ししてからでも、水元してからでもなく、
塗ってカタチになって、身に着けたそのときになる。


気の長い話ですよね。

そんなことにとりつかれているのもひとつの”業(ごう)”、しあわせなのか不幸なのか。












[PR]
by contrailfine | 2016-05-12 12:40 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30