ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

カテゴリ:日々のあれこれ( 781 )

雪国

雪の日曜日、母からのメール
f0146466_14520601.jpg
庭の写真です。
広島でこんな雪は見たことがないです。

私は、女子駅伝中継を時々見て外の状況をチェックして、一日こもってました。
京都、ちょっと離れると気象条件ががらっと変わるので、車でうかつに外出したらえらいことに。


それにしても母、メールで写真を送れるようになったんだ・・・
(その前に一通、カラメールが来ました)








[PR]
by contrailfine | 2017-01-16 14:51 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

お好み焼き県?!

知らなかった。
f0146466_11285504.jpg



たまたま入った洋服屋さんのドアに、新井さんのサインが。
(スーツをオーダーされてるそうです。大きそう!)
f0146466_11285776.jpg
これが広島
探さなくても、ふつうにカープものが行くとこ行くとこに”実は”みたいな感じで存在する




いろいろあった年越しでしたが、やっぱり故郷はいいなあ

と、ともかく京都に帰って来ました。
今年もよろしくお願いします。






[PR]
by contrailfine | 2017-01-15 20:57 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

節目・筋目

正月明けの5日のこと。
叔父、父の末弟がが突然に亡くなりました。
80歳。

小さい頃、一緒に住んでたこともあったのでこんな写真が実家にあります。
f0146466_10135416.jpg
およそ半世紀前の写真・・・!



訃報を聞いて思い出したのは、身近に優しかったオトナがいてくれたこと。
両親以外の、ただ味方でいてくれる唯一の存在だったかな。
(子供にとっては姉妹もライバルだから)

このお休みは、たまたま休暇をとって長めに帰省していたので、通夜・葬儀とも参列できました。
~喪服がなかったから私たち夫婦だけ平服でちょっと居心地悪かったけど~
呼ばれたんだと思うな。


葬儀のほうは、昔のことなど話すわけでもなく、被爆手帳を持っていた叔父の被爆のことなども語る人間もなく、兄弟の末っ子ってそういう宿命?!
孫たちも大きくなって、過去より未来を感じる葬儀というのは、そのほうがいいことかもしれませんね。
こうした節目節目で、親戚づきあいというのはだんだん形を変えていくもの。




そんな年明けになってしまいましたが、お別れができて良かった。


叔父さん、小さい頃かわいがってくれてありがとう。
穏やかな優しさ、私は忘れないからね。父をよろしく。







[PR]
by contrailfine | 2017-01-11 10:22 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

この世界の片隅に in広島

正月明け、昨年に引き続き母と映画に行きました。

残念ながら八丁座ではなかったけど、広島でまた観たかったんだ。



f0146466_21584471.jpg

映画館サロンシネマから外に出ると、すずさんがスケッチしたかも?の、八丁堀福屋が目の前。

f0146466_2253557.jpg


おなじみの風景が違って見える。
ここは70年前、なんにもなくなって、人が街が壊されたあの場所だと改めて思った。



母もアニメーション映画は初めてで観る前は抵抗感があったらしいけど、とてもよかったもう一度観たいと言っておりました。
やっぱり自分と重ねた部分が多かったみたいです。


すずさんの声を演じた能年玲奈さんが素晴らしくて、なぜ主人公と同じく彼女の大切なもの、アイデンティティー(本名である芸名)を奪われたのか、とても不条理に感じます。


まだまだ的確に感想を言えないのだけど、見逃したことがあっちゃいけない気がして、また観たいと思ってしまう。~できれば呉で
最初に観てから私のなかにもすずさんが住んでて、きっとずっと一緒にいるんだなと思う。








[PR]
by contrailfine | 2017-01-08 21:58 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

明けまして

おめでとうございます
f0146466_20084839.jpg
今年の〆飾り、例年になくオシャレ
先日の義姉のお祝い会でプレゼントしてもらったものです。
モダンです。


母と三人の新年でしたのでシンプルにね。
f0146466_20085092.jpg




義兄宅へのお年始は、ちょっと地味めな着物で。(年齢相応?)
f0146466_20403742.jpg


帯はNYのときの
f0146466_20085540.jpg
写真を見るといつも着付けがイマイチだわ~
いつも楽しい時間、ありがとうございます。

楽しいお正月でした。

本年もどうかよろしくお願いいたします。

f0146466_21460697.jpg
年末にポチ袋づくりが楽しくなってしまって必要数以上に作り、終わる頃に上達。
紙が豪華なもので・・・
今年の私もこんな感じ。




[PR]
by contrailfine | 2017-01-08 20:06 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

今年もありがとう

唯一の忘年会でした。
お世話になってる友人と三人での予定だったこの夜、段取ってくれた方の風邪で
二人での食事会になりました。
楽しかったし、お料理も美味しかった。
いさぎよく写真はございません。


(ワインだけ撮影)
f0146466_10564111.jpg
この”ALASTRO"って白ワインがけっこう良かったです。

f0146466_10571176.jpg



ふたりで三本開けたわけでは全然なく、それぞれをグラスで一杯。


今年もありがとう。
京都もそろそろ6年になるけど、わかりあえる友人がいてくれて感謝です。
今度は三人そろった楽しい時間を楽しみにしてます。
(9月には私が風邪で欠席)


来年もよろしくお願いします。
よいお年を。



[PR]
by contrailfine | 2016-12-28 11:05 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ていねいに生きること

NHK朝の連ドラ『べっぴんさん』がじわっといいなと思い始めた今日この頃です。

小さくなったカーディガンをほどいて、蒸気で伸ばして編みなおす。
毛糸をまき直すいろんな道具もあったなあ。懐かしい。


小さなバケツにキャンディーのプレゼント。
子供の頃、紙コップに入れたカステラに花のように棒キャンディーが挿してあって、紙ナプキンでラッピングしてくれたんだったな。
母は覚えてないだろうけど。



最近観た映画『この世界の片隅に』の後遺症もあって、
ものの少ない、不自由な制約の中で工夫する楽しさ。
文化ってそうして発達してきたのに、最近は「こんな便利なものが!」と感嘆することは多くて、自分に必要なものの取捨選択が難しい。
その作業は楽しくない。

私の場合はほんとに自己満足だけど、相手が喜んでくれるかなと思うものをワクワクしながら作ってたのに、近頃はすっかり忘れてました。

・・・そして、今はお正月に使うお年玉用のポチ袋を手作りしてみてます。
そんなもの東急ハンズにいくらでもあるってのに。
これは楽しい。



昆布詰め放題1000円!って素敵なことをやってたので、最近昆布水に凝ってます。
f0146466_030394.jpg
味噌汁にも使うけど飲んでも美味しい
f0146466_0311289.jpg

佃煮もよろしい



なかなか私も丁寧に生活してるじゃないですか


それから、いつもありがとう!のクリスマスケーキ
f0146466_0563925.jpg

(デコレーションが毎年同じですみませんね)

今年は、ラ・フランスをどっさりサンドしました。
キルシュワッサーもたっぷり大人のケーキです。


美味しくいただいてます。
年末年始、ご自愛ください。




[PR]
by contrailfine | 2016-12-25 01:01 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

友人と

10年来のの友人が東京から来てくれたので、一緒に京料理を食べに行きました。

f0146466_21434395.jpg
このお店も去年義姉と来て以来、一年ぶりです。やっぱり美味しかった。
こんなきっかけがないとなかなか行けないですね。

舌で味わうと思ってるけど、実は多くを目で味わってるというし、
季節に応じた盛りつけが素敵です。
(海外の照明の暗いレストランで食べる気なくすことありますねえ)





f0146466_2149724.jpgこの着物はいただきもので、こげ茶一色に見えるけど

袖や裾が薄くぼかしてある珍しい?パターン。
絵羽になってるし、それほどジュアルでもない。


コーディネート次第で雰囲気が変わるので、帯を変えてお正月にも着てみようかと思います。
f0146466_21273931.jpg




f0146466_21322758.jpg

・・・自分が染めてみたいという欲と、実際に着る、という利便性のあいだにはかなりのパラドックスが~




話の流れで、翌日は美山まで行ってみることに。

あいにくの天気だったけど、幻想的でとても素敵な風景でした。
f0146466_21445043.jpg

狐か狸がもてなしてくれそうな異世界。



これ以上寒くなると行きづらいのでいいチャンスでした。





[PR]
by contrailfine | 2016-12-15 21:41 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

『この世界の片隅に』

アニメーション映画は苦手意識があってあんまり気が進まない。
背景や物はとてもきれいなのに、人物がマンガっぽくて。

f0146466_042250.jpg


だけどこれは見なきゃいけないと思って行きました。
もう、感想も簡単には言えない感じ。
なにしろ後遺症で、頭のどこかでずっとすずさんのことを考えてるし「悲しくてやりきれない」がリフレインしてるし。



いま真実を伝える映像は、実写じゃなくて丁寧に作られたアニメーションだと思う。
(『シン・ゴジラ』は逆に”アニメ”だなあと思っちゃった)

世界の片隅からは、世界全体で起きてることは見えないけど、この”片隅”は今でも世界のどこかにあるんだ。
片隅の集合が世界。


本当に呉の軍港や戦災前の街の様子、風景の全部が貴重な絵。一瞬一瞬見逃すのがもったいない映像。
f0146466_22443410.jpg


f0146466_22472455.jpg

広島市内の活気ある様子とか路面電車。そんなものだけでも何度見ても飽きないと思う。

人それぞれの違った感想があるから、本当にいろんな人に見てもらいたいと心底願う。
退屈な映画だと感じる人もいるかもしれないけど、将来いつかふっと思い出す気がする。


正月に帰省したときにまだやってたら八丁座でもう一回観たい。
[PR]
by contrailfine | 2016-12-09 22:50 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

年月は厳しくも優しく

いまだ広島駅はクリスマスツリーよりずっと目立つこれ
f0146466_10562830.jpg


f0146466_10563622.jpg
映画監督の西川美和さんがおっしゃってたように、広島カープは広島人のアイデンティティそのもの。
ファンとかカープ女子とかいう言葉では説明しきれないものがあって、そこのところは他スポーツチームとちょっと異質かなと思います。
貧乏球団として逆風の時代(FAとか逆指名・ウラ金時代ね)からすると、年月が風潮を変えたのか、それとも変わらぬポリシーが時代を呼び寄せたのか。






週末は義姉の還暦のお祝い会がありました。
本当に60歳なんて若いけど、人生を振り返るひとつのポイントなのかもしれません。

なぞのゆで卵トロフィー。
こんな愛情こもったプレゼント、他にあるか。
(これ作るばかばかしい努力。大好きだ)
f0146466_10564906.jpg
関西じゃゆで卵のことを”にぬき”って言います。(最近知った)

小学生の頃から知っている姪が、立派に母親になって人のために頑張ってる姿を見てちょっと感動までしちゃったりして、同じ年月を経てもかたや私自身はなんの役にも立たない相変わらず。ちょいと落ち込み






新井さんの記念グラスをいただきました。
シリアルナンバー入り。
f0146466_10565816.jpg
新井さんも、厳しかった年月を自分の頑張りで 辛い → 幸い に変えていったんだね。



そうそう、虎ファンの人に
「阪神時代の新井と今の新井、どう見ても別人ですけど~どういうことなんですか!」
とちょっとキレ気味に?聞かれたことあります。
阪神ファンはほんと選手に厳しいわ。(鳥谷もかわいそう)

お祝いなのに、逆にお世話になっちゃってありがとうでした。



今回は母の眼科につきそい、かねてからの懸案事項・眼瞼下垂問題もクリアになって有意義な帰省でした。(・・少しは役に立ったか)
下がってくる瞼がうっとうしくて手術したいと言っていた母でしたが、母の場合は人相が悪くなるらしいので、美容上の理由で諦めました。わはは。
(もちろん人によるらしいのであくまで母の場合です)


いずれ私も行く道なのかな?






[PR]
by contrailfine | 2016-12-06 10:55 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31