カテゴリ:日々のあれこれ( 788 )

ホームコンサートへ

誘っていただいたホームコンサートに

・・・音楽のことなど何もわかりませんが。



清水寺奉納コンサートで歌われた野原広子さんと、ピアニスト デヴィット・フォンさんの二人コンサートです。


ピアノと声楽の教室を主宰されているというご自宅に


ファツィオリ!
f0146466_13324010.jpg



なにしろコンサートホールにすら珍しくて、日本でも”ファツィオリのあるホールでリサイタルをしたい”と、
ピアニストを呼べるという希少なピアノ。

(大きさも3メートルくらい)

包み込まれるような歌声も、ピアノも素晴らしかった。


ピアニストのデヴィット・フォンさんは繊細で優しい、お人柄もすごく良さそうな方でした。

ご自分の演奏 伴奏、どちらも素敵。

音も美しく澄んで響くのは、ファツィオリならではの透明な音色あってこそ、だそうです。

超近距離での、密室?での演奏なのに、なんのストレスもなく気持ちのいい、とても贅沢な時間でした。


CDも買っちゃった。
f0146466_13324491.jpg
ものすごく優しいベートーヴェンです。

こんな貴重な機会に恵まれてありがたいことです。

誘ってくださったのは、私が京都に来て初めてできたお友達。
お怪我でこの日は欠席、とても残念でした。






着ていったのは叔母からゆずられた小紋。
f0146466_15403169.jpg




遠目には織りに見えるけど染めです。
f0146466_13324801.jpg
ちょっと珍しい感じの着物ですね。

型の摺り染めかな?


半襟も帯揚げ・帯締・かんざしも10年以上使ってるものです。
着物だけじゃなくて、着物の小物、洋服よりずっと長いスパンで使えるから、コストパフォーマンスはいいんだと思います。
これぜんぶ横浜時代、そごうでY村さんから薦められたものでした。
その方は今京都タカシマヤにいらっしゃっるので私もよく遊びに行きます。

そんなこんなで京都生活もそろそろ6年。
ご縁って不思議ね。







[PR]
by contrailfine | 2017-03-12 13:31 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

足元みられてる

これちょっと違うんだなあとか言いながら、ついこんな本を見かけたら買ってしまいます。

f0146466_19095950.jpg


『広島学』は6年前。(カープがBクラス常連だった頃ですね)
その著者が二匹目のドジョウを狙った『広島の力』は、前作の補足?なのでサイズは大きいけど内容は薄い。(読みやすい)
それなりにデータには基づいてるけど、あってるかと言われると占いレベルなのかなあ、と。


『広島はすごい』は、日経新聞社の支局長さんだけあって切り口が経済だったり、データ重視です。


大事なのは、読んで勇気が出ること。
広島人の特徴「群れない媚びない靡かない」は私の偏屈な性格にも近い、自信もっていろんなことに開き直れて頑張れる気がしてきます。


京都本ってのはもっと多くて、多すぎて最近では『京都ぎらい』というのが売れてます。
借りて読んでみたけど取材も根拠のあるデータもなくて、単なるすごく身近な身近な悪口。
悪口って気になるもんね。
考察も浅くて内容ないです。
入江敦彦さんの『イケズの構造』っていう本が、京都人入門としてオススメです。


一定数が売れるのも計算できるし、これからこんな分析本はますます増えそうです。
・・・まんまと買ってしまう自分。











[PR]
by contrailfine | 2017-03-08 19:08 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

春近い日

気温はともかく、陽射しは確実に春めいてきてます。
先日の足の痛みは、自宅に戻ってぐっすり眠るとすっかり良くなりました。
睡眠は痛みの回復も促すとか、最近はそんなことも言われてますね。

よく寝ること、昔はものすごく得意だったのになあ




久しぶりに箸置きに凝り始めて
f0146466_14121447.jpg




さがしに行ってなぜか買ってしまったお皿一枚。
f0146466_13281341.jpg

食器は!増やさないようにしてるんです!・・・

「みなさんそうおっしゃいますね」


売れない → 作らない → 欲しいものが手に入らない

こんな、ものが売れない時代は、節約モードを上げていかないといけない我が家には追い風のはず・・・




美味しいワインを飲むためにも。
f0146466_13281844.jpg



おとなしくしておこうと思いつつも、春の陽気に誘われたかのように2年ぶりに横浜方面に出かけようと思っています。

今から楽しみ。









[PR]
by contrailfine | 2017-03-06 13:27 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

要メンテナンス

寄る年波には勝てません。というより、自分の身体をちゃんと知ってメンテナンスができるのがオトナ。

歩き方がどうも間違ってるんでしょうね。前脛骨筋が筋肉痛になって、それでも無理して歩き回って炎症になってる感じでますます痛くなって3日経っても治らない・・・
やっぱりトシか




そうして歩き回ってズムスタで買った新井さんクッキー。
f0146466_18314590.jpg
(黒田バージョンは食べるのにかなり躊躇したけどきっとこれは・・・)



そんな24日金曜日でしたが、スタジアムのまわりにはなぜかテントが行列してる状態。
どうやら公式戦のチケット発売のための”整理券”配布がその週明けだったらしいのです。
この寒空に何日も徹夜・・・・?
今年もやっぱり現地観戦はムリだわ。

そのうち転売目的がどのくらいなのかわからないけど、本気で何とかしてほしいとこですね。








義姉に食事に連れてってもらったり、何日かなんてことない話をしているうちにも母が日々元気になってきて、人と顔を合わせて会話をするというのがいかに大切か、実感したように思います。
(そういう私もふだん引きこもりぎみなので明日は我が身なんですが)

染めた生地で何をどう作ったらいいとか、際限なくテーマがある人生は豊かじゃないだろうか。
f0146466_13521055.jpg

ということで、京都に帰って来ました。・・・まだ足が痛くて一日何もせずお休みしています。あ~あ。



[PR]
by contrailfine | 2017-02-27 22:17 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

リフレッシュの一日

母はこれといって大きな持病はないものの、ときどき体調が悪くなるので、様子見の感じで帰省してました。



そうした中で、夫の義姉が母ともども食事に誘ってくれて、なんと岩国まで連れて行ってくれました。

ひっそりと住宅地にあるお店、こんな美しいテーブルウェアでもてなしてくれます。
f0146466_13461553.jpg

洋食器でも日本のものには輸入物にはない魅力がありますね。
花などの自然の描写、色彩・金加飾は世界一かと。美しいお皿の数々、主にノリタケのものらしいですがいまや手に入らないものも多くて、懐かしい気持ちにもさせてくれました。



日常とかけ離れたゆったりした時間がとても貴重でした。

f0146466_15470154.jpg



f0146466_15510718.jpg




岩国までのドライブといい、こうして目でもたのしむご馳走もおしゃべりも、なによりの栄養です。


本当にありがとうございました。








[PR]
by contrailfine | 2017-02-27 13:45 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ICOCA派宣言

岡山にいようが京都に住もうがこの10年あまり[SUICA]を使って来た私ですが、本日より[ICOCA]に乗り換えることにしました。
ペンギンさんは別れ難いんだけど。




やったー。かわいいでしょ。優勝記念[ICOCA]
f0146466_18234365.jpg
葉書3枚出して一枚だけ当選して買うことができました。
(別にこのために帰省したわけではありません)


実家の整理してて出てきた懐かしいトワイニングの缶
なんともいえないヴィンテージ感がすてき。
f0146466_18234628.jpg

こういうモノもそのうちアンティークとして売買されたりするのかもね。ヨーロッパみたいに

中身は・・・
f0146466_18235100.jpg



あまりにも予想通りの、古い写真でした。
こんな古い缶にも写真にも心を動かされてしまうのはきっと歳のせい・・・


[PR]
by contrailfine | 2017-02-24 18:10 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

展覧会に

澁谷先生の二つの展覧会を見てきました
f0146466_14242747.jpg



f0146466_16425523.jpg


センスというか、デザイン力、色彩・・・

全てが可愛くてカッコよくて、素晴らしかったです。

変幻自在とある通りとんでもなく多才な芸術家ですが、
染めに限って言うと”型染”の究極の美が詰まってると思います。
ものの形を構成するきっぱりとした線の美しさ。
配色の妙。

目指したい世界ですが、どんなに頑張っても足元にも及ばないですね。

f0146466_16432310.jpg

そんな才能のカタマリのような方が日々努力されているというのに、凡人の私ときたら・・・




澁谷先生のきものは粋でおしゃれ。
”展示”するきものじゃなくて、”着る”きもので、ほんとに素敵です。
(私には高根の花ですが)






[PR]
by contrailfine | 2017-01-23 14:23 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

雪国

雪の日曜日、母からのメール
f0146466_14520601.jpg
庭の写真です。
広島でこんな雪は見たことがないです。

私は、女子駅伝中継を時々見て外の状況をチェックして、一日こもってました。
京都、ちょっと離れると気象条件ががらっと変わるので、車でうかつに外出したらえらいことに。


それにしても母、メールで写真を送れるようになったんだ・・・
(その前に一通、カラメールが来ました)








[PR]
by contrailfine | 2017-01-16 14:51 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

お好み焼き県?!

知らなかった。
f0146466_11285504.jpg



たまたま入った洋服屋さんのドアに、新井さんのサインが。
(スーツをオーダーされてるそうです。大きそう!)
f0146466_11285776.jpg
これが広島
探さなくても、ふつうにカープものが行くとこ行くとこに”実は”みたいな感じで存在する




いろいろあった年越しでしたが、やっぱり故郷はいいなあ

と、ともかく京都に帰って来ました。
今年もよろしくお願いします。






[PR]
by contrailfine | 2017-01-15 20:57 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

節目・筋目

正月明けの5日のこと。
叔父、父の末弟がが突然に亡くなりました。
80歳。

小さい頃、一緒に住んでたこともあったのでこんな写真が実家にあります。
f0146466_10135416.jpg
およそ半世紀前の写真・・・!



訃報を聞いて思い出したのは、身近に優しかったオトナがいてくれたこと。
両親以外の、ただ味方でいてくれる唯一の存在だったかな。
(子供にとっては姉妹もライバルだから)

このお休みは、たまたま休暇をとって長めに帰省していたので、通夜・葬儀とも参列できました。
~喪服がなかったから私たち夫婦だけ平服でちょっと居心地悪かったけど~
呼ばれたんだと思うな。


葬儀のほうは、昔のことなど話すわけでもなく、被爆手帳を持っていた叔父の被爆のことなども語る人間もなく、兄弟の末っ子ってそういう宿命?!
孫たちも大きくなって、過去より未来を感じる葬儀というのは、そのほうがいいことかもしれませんね。
こうした節目節目で、親戚づきあいというのはだんだん形を変えていくもの。




そんな年明けになってしまいましたが、お別れができて良かった。


叔父さん、小さい頃かわいがってくれてありがとう。
穏やかな優しさ、私は忘れないからね。父をよろしく。







[PR]
by contrailfine | 2017-01-11 10:22 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31