カテゴリ:日々のあれこれ( 782 )

ヒーロー

すっかり更新をさぼっておりますが
お盆は10日間ほど広島に帰ってました。


近年中には広島に帰って実家に住む計画なので、ちょっとずつ片付けようとするものの
一軒家ってほんとに家の中だけでもやることが無限にある・・・

なかなかです。








夫の実家でも、毎度歓待してもらえてありがたい上に、

今回はこんなチケットまで譲ってもらっちゃった
(10倍の当選確率だったらしい)
f0146466_13441589.jpg


いりばん早い人は朝4時に並んだそうです。


始まってみると、講演会というより司会者あってのトークショー。
テレビなんかで見る通り、紳士的でマジメ、そしてちょっとユーモラス。

お話の内容は、子供のころからの経歴など。
(私も”黒田本”いっぱい読んでるから、新鮮なお話はあまりなかった)



でも、遠くからでも、そこにいてくれるだけでとても嬉しかった。


4年前に広島に帰ってくれたあの感激はずっと忘れない。
これからの人生が幸せでありますよう。
カープにかかわりがなくても応援する気持ちは変わらない!
子供たちの質問と礼儀正しさが可愛かったし、雰囲気も終始おだやか。



・・・それにしても
広島の空気感は関西と全然ちがう。
2000人入った会場でも、一時間の待ち時間は会話も小声で物静か。
京都だと10人もいたらきっと大騒ぎだなあ。


質問もおとなしいというか。
関西人はもっと積極的だなあと思っちゃった。





街中にはこんなモニュメントがあります。
f0146466_13455708.jpg



こうして”聖地”が増えていくのだね




[PR]
by contrailfine | 2017-08-28 20:08 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

8月6日

台風の影響が心配されてたけど、今年も暑い日でした。
京都も37~8度?この夏いちばんの暑さでした。



この写真はGWにおりづるタワーから撮ったもの。
f0146466_20451838.jpg
原爆投下の目標とされたT字型の相生橋と、原爆ドーム。

広島では”平和教育”が当たり前のカリキュラムになって、原爆の被害について学校ではいろんなことを習います。
だけど、どうしてそんなことが起きたのかは説明は不十分な気がします。




なんだか釈然としなかったし、中学生くらいのとき?父に、
もし日本が原爆を作っていたらアメリカにそれを使ったのか聞いてみたことがあります。
多分答えはそうだったろうと。

聞いてすっきりしました。


少なくともその残酷な”加害者”にならなくてよかった。と思ったのかもしれません。








今年のNHKスペシャルも重い内容でした。
投下の当日とその後の被害者の亡くなったメカニズムについて、当時の人の動きとあわせて丁寧に取材されていました。


光線による火傷というのは、血液から水蒸気が噴出、じわじわと皮膚を損なって死に至る。
そんな酷い亡くなり方もショックだったし、何十年も経って骨髄異形成症候群を発症してしまう時限爆弾のような恐ろしさも、以前放送されて衝撃でした。


それはそのまま原発事故の恐怖に直結しています。

天災は防ぎようがないけど、これはぜんぶ人災。

なのに、今もこれからも終わりが見えないのが辛いです。


人災がこれ以上増えませんように。






[PR]
by contrailfine | 2017-08-07 20:44 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)




すっかりご無沙汰してしまいました。
ネットがつながりにくかったりして、気がついたら一か月も放置状態になってしまいました。


2007年の転勤をきっかけに始めたこのブログも、先月で10年になりました。

自分はそれほど変わっていないように感じてしまうけど、年月は厳密


10年もあれば時代も変わるし、いろんなことがありました。

いちばん大きかったのは、型染に巡り会えたこと。







10年前を振り返ってみると・・・




これは最初に彫った型紙
f0146466_18120948.jpg




細かいものを作ってみたくてシダ
f0146466_18124952.jpg





可愛かったカッパボーイズも今や高校生か~
f0146466_18130809.jpg




シーラカンスとのおつきあいも長くなりました。
f0146466_18134254.jpg



まったく知り合いのひとりもいなかった寂しい岡山生活で、染織工房さんに型染教えてもらったこと。
それが今の私の生き甲斐になっています。

本当にありがたい出会いでした。

これからも遅い襲い歩みだけど、続けていきたいと思っています。



(新作のプランは下絵がぜんぜん進んでません・・・)







[PR]
by contrailfine | 2017-07-31 18:19 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

作品展のフォトブック




作品展のフォトブックを作って今年で3年目。


f0146466_21271548.jpg




会員の皆様にも好評なので、メンバーぶん(会費で)オーダーしています。

f0146466_21333475.jpg






f0146466_21340880.jpg



撮った写真をプリントすることがめっきり減ってしまった昨今ですが、
ドコモのこの有料サービスはなかなかいいアイディアだと思います。

一冊400円ちょっとは、自分で印刷することを思ってもお値打ち。

後からも見直しやすくて、人にも説明しやすいのが助かります。






[PR]
by contrailfine | 2017-06-20 21:26 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

海三昧の連休

と言っても、まったくアウトドア派ではないのでガラス越しです。

なんだかんだで連休中は3回も、海を眺めて食事する機会がありました。








この写真は、義姉に母と一緒に食事に連れて行ってもらったときの。
f0146466_10531720.jpg
夕暮れの海を見ながらご馳走いただきました。
f0146466_10532074.jpg
f0146466_10532188.jpg



和食は目でも美味しい。

ありがとうございました。

母の日を前に親孝行もできて、心も豊かにしてもらえました。





広島にいても海を見る機会はそんなにないのですが、今回はたまたまチャンスに恵まれました。
いま取り組んでいる作品が瀬戸内海をモチーフにしているので、本当にありがたい奇遇。

心にイメージをしっかり刻んで、来月の作品展に向けて頑張りたいと思います。


こんな感じ?


f0146466_10532493.jpg



f0146466_10532750.jpg



f0146466_10532999.jpg





お天気も良く一気に季節も進み、衣替えに、型彫りに、忙しい連休明けとなります・・・




[PR]
by contrailfine | 2017-05-12 10:51 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

おりづるタワー



昨年のプレオープンのときはまだ覆われて外観が見えなかったけど、外壁にも折り鶴がデザインされてました。


いま広島市内でいちばん気に入ってる場所。
というか、ここのおかげで広島をもっと好きになったのかも
f0146466_13230361.jpg










チケットを買えばその日の入場は何度でもできるので、朝と午後二回上がってみると光、風、景色が違った表情を見せてくれて飽きない
f0146466_23592141.jpg



新緑の季節、ひときわ爽やかな風が吹き抜けて本当に気持ちのいい、ずっと座ってリラックスできる場所です。



やっぱり恐いけど?!
f0146466_13230982.jpg

折り鶴も落としました。




12階かららせん状のスロープをゆっくり降りるのも(もしくは滑り台!)散歩気分でいいかな



f0146466_13231122.jpg


ここの年間パスポートを買おうかなとまで思っているところ。

のんびり読書をしに来る人もいるそうです。







ご客人のおかげで広島の魅力を再認識した連休でした。

まったくノーチェックだったフラワーフェスティバルもすごい活気で楽しそうでした。
(正直、先細りになると思ったものですが・・・)

海も山も近くて、街も元気、食べるものも美味しい、いいところです。




[PR]
by contrailfine | 2017-05-08 13:21 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

海近く




ここ10年はGWにも帰省しています。
今年は、夫の知り合いの滋賀&神戸からのご客人あり、広島と呉観光をご一緒しました。



といっても
去年の夏に大和ミュージアムと鉄のくじら館は行ったばかりなので、私は呉艦船めぐりのクルージングへ

巨大コンテナ船とか
f0146466_21054445.jpg




f0146466_21054553.jpg








護衛艦
f0146466_21055010.jpg



f0146466_21055261.jpg



潜水艦はここ呉がいちばん多いんだって
f0146466_21055524.jpg



f0146466_21055876.jpg



間近で見られるのも貴重な体験。
ボートも揺れて臨場感あって、なかなかの迫力でした。


夜はお魚三昧

久々のコイワシも穴子の白焼きも美味しかった
f0146466_08102310.jpg



京都にいると忘れている海。


満喫できました。



[PR]
by contrailfine | 2017-05-07 21:03 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)


私のテレビドラマ原風景が実はこれ

ウルトラセブン。


f0146466_21470668.jpg



モノゴコロつくと同時にか、心に刺さったドラマだった






ウルトラセブンもかっこよかったし、車も、制服も、なによりモロボシ・ダンという大人の男の人が素敵だった。

(京都タカシマヤでのこの展覧会、同世代とおぼしき男性多数)



ここで写真を撮る度胸はさすがになかった
f0146466_21470808.jpg
・・・悔いが残る(?)




いま見てもかっこいい。


改めてドラマを見るとけっこう内容は乱暴なとこがある
敵か味方かも不明なまま異星人や地底人だってだけで攻撃したり、子供でも異端だとしてリンチまがいの村八分だったり、
だけどそこに問題提起が織り込まれてるのが『ウルトラセブン』



哀愁あふれるメトロン星人とのシーン
f0146466_21471009.jpg







子供だったわたしはこのモロボシ・ダンの包帯姿に憧れた
f0146466_21471136.jpg
こども番組にあるまじきカメラワークも魅力だった



そして、時にセブンの代わりに闘う弱っちいカプセル怪獣に心を痛めた



私にとっては怪獣モノというより、いろんなものが詰め込まれた”社会派”ドラマだったんじゃないかと思う。



















[PR]
by contrailfine | 2017-04-27 21:45 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

魔境・甲子園で





生まれて初めて乗り込んだ甲子園球場
f0146466_23020433.jpg
(もっとツタが茂ってるのかと思ってた)



自力でチケットを取る度胸も能力もない私たちですので、夫の会社のカープファンの方に誘っていただいて、6人で観戦に行きました。




おとといくらいまで寒かったのに、なんでこんなに暑いの!!
いきなりの夏。
f0146466_23020671.jpg




甲子園、4万7千人もの大人数が入る日本一の球場。
ここを満員にするだけの魅力が野球にはあるってことですね。
春・夏の高校野球大会、その熱気を包み込む"聖地"ですもんね。



日陰も無くて、座席も狭く身動きできなくてジリジリ灼ける。


収容人数3万3千人のズムスタがはるかに快適だけど、それぞれのストーリーを持つ場所。





オラついたファンはやっぱりイメージ通りで怖かった・・・


ここは昔ながらの野球ファンが試合中ヤジを飛ばしたり
「スクワットすんな~!」ってずっと怒鳴ってるおじさんかおばさん(不詳)いたり、応援風景が昭和な感じで、懐かしいのでした。
やっぱり集団で乗り込まないと無理。



さすがにタイガースの観客席はディープな世界だったけど





こんな呪術師?祈祷師?がいるとは・・・
f0146466_23021067.jpg
南米のサッカーチームか



縁切り神社のくぐり石みたい
f0146466_10105045.jpg

(強力?)



呪いが功を奏したらしくて、この日は1-2の惜敗でした。
あんなに九里投手が頑張って好投したのに・・・

でも若いピッチャーが長いイニングをどんどん攻めていって、頼もしくてこれからが楽しみです。



終わったあと残念会ができるのも連れがあればこそ,悔しさ半減



帰り、大阪梅田駅で、通りすがりのおばさまに
「あんなに勝ってたらそりゃあ疲れるわよ、ひと休みね」
と慰めていただいたことも印象的でした。

甲子園は戦闘的だけど大阪の人は優しい。



今回は誘っていただけてとてもラッキーでした。
広島を離れて、地元には縁のない方もがっつりファンになって応援してもらえるなんて、ほんとにほんとに嬉しい。

その昔、東京~横浜で肩身の狭い思いをしていたころが嘘のようです。(涙)
私も当時はすっかり潜伏しておりました。


どうもありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いします!
(カープファンのイメージ悪くしないように私も素行に気を付けます)














[PR]
by contrailfine | 2017-04-16 23:00 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

愛と哀しみのボレロ

あまりにも邦題がダサすぎて口にするのもはばかられるのですが、最近になってものすごく観たくなって。


調べてみると、デジタルリマスター版を全国上映してるらしいのです。

ファンが潜在的にたくさんいるんだ!
(バブル世代?)


京都はもう終わってた・・・






とにかくお金のかかった、長~い映画なんですが、
国も立場も違ういろんな人々が戦争に翻弄され世代を越えて

終盤のラヴェルのボレロに集結する

メロドラマなんだけど、ここまでチカラが入ると見る価値ありです。

なんといってもジョルジュ・ドン。
これからも大画面で見るチャンスあるかな~



”愛と哀しみの・・・”って・・・・


ほんと、酷すぎ。














[PR]
by contrailfine | 2017-04-07 09:53 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30