ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

広島のあんなことこんなこと

12日から15日まで、広島の実家に帰っていました。

目的は、”親孝行”。(といいながらショッピング)

といいながら、やっぱりアンデルセンには行かずにはいられない。
f0146466_18223647.jpg
                   お花売り場もきれいです。



f0146466_18271537.jpg

f0146466_1827561.jpg




両親も歳をとってきたので、去年岡山に転勤したことはずいぶん心強く思ったようで、好き勝手に生きてきた私もここらで親孝行のお年頃?!と思ってはみたものの、実際は・・・。
結局は何もできないことが辛いのか、責任感がストレスなのか、自分の心の処し方がむずかしい。大人になれない自分がストレス。



f0146466_18351455.jpgこれは、呉市にある「鶴屋安芸」という老舗の和菓子屋さんの利九饅頭です。
子供の頃、私はこの饅頭の皮フェチでした。
老舗の素朴な和菓子。そういうものが魅力的なお年頃です。

ここの最中も美味しいんですよ。




                    ・・・・・食べ物ネタで終わります。
[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/8396945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by SCALLET at 2008-06-17 07:07 x
呉、といえば、パイナップルジャム?を使ったお菓子、結構好きだったなあ・・・
おんらいまんとう?どんな漢字だったか、今思い出せない・・・

関東にいると、繊細なお茶菓子も懐かしいので、ぜひ、次回は梅坪の和菓子の写真を!発送は無理なので、写真で我慢します。
Commented by contrailfine at 2008-06-17 14:57
”おんらいまんとう”は比較的ポピュラーに売っていますが、鶴屋、支店もあまり出さないので入手困難です。

東京はお茶菓子はイマイチと思うけど、カジュアル和菓子(大福とか)は、すぐれものだと思いますね。翌日は確実に味が落ちるような、お土産には不向きな貴重品ですね。
by contrailfine | 2008-06-16 18:46 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31