草木染め

染色教室で、体験的に草木染を教わりました。
f0146466_1645363.jpg
     シルクシフォンのスカーフを、「ログウッド」という樹皮で染めました。

草木染めというと、淡い色のイメージしかなかったのですが、こんなに深い色。
考えてみれば、化学染料が日本に普及して百年も経っていないわけで、それまで自然界から手間をかけて、”色”の追求をしてきた歴史は長いのですね。

このログウッドというメキシコ原産の樹皮をめぐっては、大航海時代にスペイン・英国の争いがあったとか。

やっぱり「こんな色が欲しい」という思い、多少の差はあれ万国共通なのですね。


贅沢は素敵。
[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/7659457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sleepyi at 2008-03-15 18:33 x
初めまして。
素敵な色ですね。
実は私も草木染を少し始めたところです。(染織の方ですが)
しかも岡山出身なので思わず以前の記事も読ませていただきました。
今は川崎に住んでいます。
懐かしい桃太郎の銅像など笑ってしまいました。
人参葉を食べたくなったり・・。
楽しみにしているので、ぜひ岡山記事などこれからも載せてください。
Commented by contrailfine at 2008-03-15 21:44
どうもありがとうございます。
草木染め、本格的にやるにはちょっとたいへんそうですが、色の複雑さや、その歴史がとても魅力的でした。

今後ともよろしくお願いします。
(たまには川崎方面にも出没します)
by contrailfine | 2008-03-14 17:10 | 染物教室 | Trackback | Comments(2)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31