ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

ゲーム?

昔、「大富豪」というトランプのゲームが流行ったことがあります。
このゲーム、勝者に敗者が強いカードを上納するというルールがあって、なかなか逆転できないためか、「大貧民」ともいう差別的な言葉のためか、ずいぶん問題視されました。

節約というのは一部で正義なんでしょうが、徹底した企業のコスト削減は、結局そのシワ寄せが消費者に押し付けられてるんでしょう。
快適だと思っていた生活が安全じゃないなんて、いつの間にか生活することにむとんちゃくになっているなんて、恐ろしいことです。
(そんな意味では、ここ岡山はスローライフには最適な土地かも)


あれだけ不良債権を背負って、血税を投入された大銀行が黒字になってたりしてると、知らないあいだに強いカードを渡しちゃってるのかな、と思う今日この頃です。
[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/7424597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おばあちゃん at 2008-02-07 11:59 x
コンニチハ。
大富豪、トランプでもやったけど、アレ専用のカードがあるんだよ。そっちでやるほうが面白い。
1は1枚、2は2枚、3は3枚・・・というようになって10が10枚までだったかな。
上納ルールは同じだけど、貧民側に同じ数字のカードが集まることと貧民側からスタートすることもあって、結構下克上の激しいカードゲームです。
数字イコール枚数だから「あとアレが何枚残ってるから・・・」「アイツがアレを出したってことは・・・」なんて、結構アタマも使います。

富豪と貧民ねえ・・・
差別っちゃ差別なんだけど、そういうことをうるさく言ってると日本語のボキャブラリーが貧しくなる一方だと思うんだけどな、アタシは。
「知らない間」に世の中って進んでいくものだから、アンテナを張ってアタマも使って、社会の方向を見極めながら泳いでいかなきゃいけないよ、庶民はね。でもそれが庶民の(貧民の)強みでもあると思うんだ。
Commented by contrailfine at 2008-02-07 22:55
詳しい情報ありがとう。そんなカードがあるなんて知りませんでした。
そういえばそんなアタマ使うようなこと、最近は特にやってません。

今いるところで、できるだけのことを、と思って生きています。
by contrailfine | 2008-02-06 23:38 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30