ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

映画 『ヘアスプレー』

f0146466_1911367.jpg
何の予備知識もなく観てしまって、正解でした。



ヒットミュージカルの映画化なので、想像どおりのアメリカ的な、楽しい映画です。



なにもかも右肩上がりのイケイケの60年代の話、それがなぜ今なのか。
昭和ブームの日本みたいに、ハリウッドも回顧主義なのかなと思ったりします。確かに、ジェームズ・マースデンの満面の笑顔は爽やかすぎて、ヒップホップ以前のリズムはとても安心感が。理屈抜きに快感です。
でも、あんなにヘアスプレーを噴射されるとオゾンホールを心配せざるをえない21世紀に生きてる人間としては、人種問題も勢いでクリアしていく展開はいかにもお気楽。


そんなコト考えてしまう人は観ちゃいけません。野暮ですよ。

ミッシェル・ファイファーは美しかったし(悪役だけど)、曲もよかったです。


でもやっぱりトラボルタは・・・微妙。あきらかに不自然だもの。
[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/6818520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2007-11-11 19:30 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31