ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

映画 『怪談』

f0146466_2354036.jpg
ジャパニーズホラーの旗手・中田秀夫監督なのですが、べつにホラーが観たかったわけではなく、江戸情緒を味わいたかったのでね。

映像美を期待していたのですが、意外にも質素な演出。衣装類もリアリティがあって、季節感はしっかりありつつ過剰演出もなく、淡々と。

でも久しぶりに歌舞伎気分にも浸れました。
尾上菊之介さんが、江戸の正統派”色男”(今の感覚では明らかにダメ男でしょう)をきっちり演じてて、最後の立ち回りはいかにも舞台的、というか昔の日本映画を彷彿とさせました。

女優さんも皆よかったです。
黒木瞳さんもすごく怖かったし。瀬戸朝香さん、悪女が素敵でした。

 ・・・ただ、エンディングの歌だけはいかがなものか。


     無理矢理の浜崎あゆみ。
   映画業界の裏側を邪推してみたくなるじゃないの。

            
[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/6204077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2007-08-25 23:33 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31