ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

足元みられてる

これちょっと違うんだなあとか言いながら、ついこんな本を見かけたら買ってしまいます。

f0146466_19095950.jpg


『広島学』は6年前。(カープがBクラス常連だった頃ですね)
その著者が二匹目のドジョウを狙った『広島の力』は、前作の補足?なのでサイズは大きいけど内容は薄い。(読みやすい)
それなりにデータには基づいてるけど、あってるかと言われると占いレベルなのかなあ、と。


『広島はすごい』は、日経新聞社の支局長さんだけあって切り口が経済だったり、データ重視です。


大事なのは、読んで勇気が出ること。
広島人の特徴「群れない媚びない靡かない」は私の偏屈な性格にも近い、自信もっていろんなことに開き直れて頑張れる気がしてきます。


京都本ってのはもっと多くて、多すぎて最近では『京都ぎらい』というのが売れてます。
借りて読んでみたけど取材も根拠のあるデータもなくて、単なるすごく身近な身近な悪口。
悪口って気になるもんね。
考察も浅くて内容ないです。
入江敦彦さんの『イケズの構造』っていう本が、京都人入門としてオススメです。


一定数が売れるのも計算できるし、これからこんな分析本はますます増えそうです。
・・・まんまと買ってしまう自分。











[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/27622108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2017-03-08 19:08 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30