ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

『この世界の片隅に』

アニメーション映画は苦手意識があってあんまり気が進まない。
背景や物はとてもきれいなのに、人物がマンガっぽくて。

f0146466_042250.jpg


だけどこれは見なきゃいけないと思って行きました。
もう、感想も簡単には言えない感じ。
なにしろ後遺症で、頭のどこかでずっとすずさんのことを考えてるし「悲しくてやりきれない」がリフレインしてるし。



いま真実を伝える映像は、実写じゃなくて丁寧に作られたアニメーションだと思う。
(『シン・ゴジラ』は逆に”アニメ”だなあと思っちゃった)

世界の片隅からは、世界全体で起きてることは見えないけど、この”片隅”は今でも世界のどこかにあるんだ。
片隅の集合が世界。


本当に呉の軍港や戦災前の街の様子、風景の全部が貴重な絵。一瞬一瞬見逃すのがもったいない映像。
f0146466_22443410.jpg


f0146466_22472455.jpg

広島市内の活気ある様子とか路面電車。そんなものだけでも何度見ても飽きないと思う。

人それぞれの違った感想があるから、本当にいろんな人に見てもらいたいと心底願う。
退屈な映画だと感じる人もいるかもしれないけど、将来いつかふっと思い出す気がする。


正月に帰省したときにまだやってたら八丁座でもう一回観たい。
[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/27250697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2016-12-09 22:50 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31