ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

親不孝のルーツ

年末、実家で古い本を整理しました。
主に文庫本とか児童書とか。(紙も悪いから破れそう)
f0146466_15203648.jpg
昭和20年代のものなど、原爆で焼け出された父が、文庫本といえど大切にしていた様子。
こういうモノの価値が時代とともに薄くなっていくのはやっぱり切ない。
だけど昔の本って字が小さいなあ。・・・余計にムリだわ。



父は化学が専門だったけど、古典から純文学、ミステリー、SF、と濫読ですなあ。
(そう言えばどこ行ったかわかんないけど、ハヤカワSFマガジン創刊号も昔あった)

司馬遼太郎、ブラッドベリ、エラリー・クイーン、松本清張、横溝正史や江戸川乱歩。
クロフツなどなど(女流作家ないわ)
これは私が高校時代に勉強もせず、時間を忘れてこっそりと読み耽っていたものばかりじゃないか。
成績面で親の期待を裏切り続けた私の元凶は、実は父の黴臭い文庫本だったのでした。
仕方ないねそりゃ。



それぞれの役割を終えてくたびれたこれらの本は資源ゴミの日に出しました。


そして空いた本棚には、母の友人から譲られた染色の資料・画集などが収まったわけですが、これも有効に使わせていただきたいものです。



・・・父の書斎にはまだ一仕事二仕事?残ってますぜ
(手伝い求ム)




[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/24845885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2016-01-08 18:35 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30