ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

試作つづき

一か月ほったらかしで、糊がちょっとひび割れちゃってました。
補修してから、呉をひきました。
f0146466_10283323.jpg


型染めは糊を使って防染しますが、にじみ止めの処理が欠かせません。
昔ながらの方法で、大豆の汁を使います。
大豆のタンパク質が、染料をガッチリ保持してくれる?ので、その濃度が濃ければにじみにくくはなるけど染めムラも出やすい、生地もゴワつきます。
この呉汁は、洗っても完全には落ちないので、着物の場合は ふのり(海藻)も併用して、柔軟仕上げしてから仕立てます。

この呉汁の濃度も、生地やそのときの湿度などで変えるらしいのですが、それは経験を重ねて学習していくしかないようです。


この生地は、ただでさえ染めにくい塩瀬なので余計にむずかしい・・・

ほとんど祈るような心境でやっております。





[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/21310578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2014-01-22 10:27 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30