ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

ブルーグレー

帯の地色を作りました
f0146466_19531916.jpg

紺鼠というより、ちょっと薄いかな
ブルーグレー、好きな色です。

学生時代、絵具もこの色は減りが早かった。
(油絵具のなかでも安い色だし~)



『紺鼠』というのを調べた時、
昔は赤の染料(アカネ?)が高価なのに比べてこの色は庶民の味方だったとか、書いてありました。


うん、ぴったりじゃないの。




こんな色ひとつ作るのにもけっこう時間かかってしまう私。
(しかも一回は染料を間違えてしまった・・・)
けっこう疲れます。


だけど、絹が染料をしっかり抱き留めて?光沢をもった時、とても喜びを感じます。

やっぱり、”色”が好きなんだなあ


この色にあう配色を考えます。




先生に、お土産にいただいた倉吉のお団子
f0146466_208776.jpg

小振りでなんて可愛い!
だけじゃなく、それぞれの味がしっかり主張して美味しい、老舗のものでした。
行ったことはないけど、こんなお菓子があるとそこの印象も良くなりますね。

ありがとうございました♪





[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/20605651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ロク at 2013-10-19 09:09 x
千總の小紋のファンで若いとき作りました
派手になって人にあげました
今も好きです
高島屋さん、さすがです
半衿のコレクションも見事!
思いがけず楽しい再会があってよかったですね\(^o^)/
Commented at 2013-10-19 09:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by contrailfine at 2013-10-19 12:57
ありがとうございます~

着物って、それぞれにストーリーができてくるのが洋服にはないことだと思います。
(洋服にはできない色合わせなんかも楽しみです)
その小紋も、人手に渡っても新しい歴史になってくるんだろうなあと思うと楽しくなります。

このお団子のせいで”なんだか倉吉好き”と思ったわたし食い意地はってますが、感性が名物に出ると思うんですよ。
by contrailfine | 2013-10-16 21:13 | 染物教室 | Trackback | Comments(3)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30