フェードアウト

7月12日、父が亡くなりました。
死因は「呼吸不全」ですが、老衰 だったと思っています。

転院したばかりの病院から、危険な状態なので来てくださいと言われたのが10日の朝
(荷作り中に床に置いたアイロンで足を火傷してしまうオマケつき。私いつもどこかにヤケド跡がある)
その後一旦持ち直して夜中には意識も戻り、酸素マスクを外そうとしたり、目力もあって、とりあえず大丈夫かな~
なんて思っていたところでしたが
f0146466_16412389.jpg


ゆっくり人生をフェードアウトして行ったようでした。
結果的には、いちばん喪失感の少ない形での別れになったと思います。
母も人工股関節の手術から、徐々に普通の生活に戻ったころに倒れ、それから一か月半。
私自身も、少しは看病できた。という自己弁護を自分にゆるすことができそうです。


口下手だった父は、研究室に残りたかったそうですが、原爆で父親を亡くし、母親と弟妹を養うために教職に就いたらしいです。
いまいましいほど正義の人でした。
あんなに高潔な人は他に知らない。
化学だったけど、文学にも詳しかった。
生きていく上で、いちばん大切なことを子供のころから教えようとしてくれていた。

晩年は、老いて衰えていく姿を見せてくれた。それも、生きていく上での必然。
(そして私は感情をコントロールすることの難しさを体験した)


みんな、そうして大人になっていくんだね。








[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/20065230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ロク at 2013-07-24 08:42 x
ご立派です
お嬢さんに看護してもらえて喜んでいらっしゃると思います
こういう、戦争を経験された生きた証人のような方をまた失った、と思うと惜しいことです
高い志を貫き、天寿を全うされたことが幸いでした
ご冥福をお祈り致します
Commented by contrailfine at 2013-07-24 10:07
ありがとうございます。だけど全然立派じゃないのが情けないです。いいこと言ったって、そんな場面に直面したときにどれだけダメな人間か、自覚できましたよ。それも経験として受け止めたいです。
戦前の雰囲気いっぱいの安倍総理が憲法を変えて世界の流れがそんなことになるんだとしたら、そんな日本を見なくて幸いでした。
きちんとした倫理や謙虚さのある昭和の人には生き辛い時代かもしれません。
Commented by れいさん at 2013-07-25 22:04 x
先ほど、ブログで知り、突然のことに驚きました。ご家族のみなさまの寂しさは、いかばかりかとお察しいたします。心よりお悔やみ申し上げます。  
お父様の旅立ちがどうぞ安らかでありますよう、お祈りいたします。
でも、最後に、会えてよかったですね。
いろいろ、つらかったですね・・・・・。


Commented by contrailfine at 2013-07-25 22:37
今思うと、何年もかけて残される家族に衝撃が少ない方向へ本人が歩んでいったような気がして仕方がありません。自分のことより家族のための人生だったかな。不器用でそれも伝わりにくかったけど。
だかられいこさんの孝行にはとてもとてもかないません。恥ずかしいです。
by contrailfine | 2013-07-22 16:41 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(4)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31