梅雨明け → 猛暑日 → 宿題

まわりの他府県よりひときわ高い ・・・こんな画面見たくないよ・・・
f0146466_2323445.jpg



とうぜんのように、今夜も熱帯夜

暑すぎて何をする気もおきないですが


f0146466_23553750.jpg新作のための
落書き。

プランニングをきっちりしなくてはいけません。


(鳥は恐竜の子孫だもんね~)

実家にあった塩瀬の帯地を、コチャコチャした柄で濃い紫系に染めようとおもったのですが、先生に止められました。
できるだけ生地を活かして白地か薄い色で仕上げたほうがいいんだそうです。
糸の撚りや織り方で染めも変わってきますが、そこんとこ経験がないもので・・・

型を使って、どんなふうにどんな手段で染めていくか、考えることはいっぱいあります。


ぐりぐり輪っかを描いたりしていますが、たぶん大幅に変わることでしょう。

これは夏休みの宿題になりますね。


作業に進めるのはまだまだ先のこと。









[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/19985874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ロク at 2013-07-10 08:04 x
塩瀬って折れが出やすいので工程を少なく、そっと扱ったほうがいいってことなんでしょうね
素敵なスケッチ!
楽しみです
なんとなく、飛行機雲さん調というのが分かってきて作品の出来上がりを勝手に予想したりして楽しんでます
私は今鳳凰と桐の振袖を作ってますがいつまでたっても糸目が終わりません(T-T)
すごい仕事量です
袖だけで帯5本分ぐらいあるんだもの
それでも友禅は型で伏せ糊も地染めもなさるのに比べたらこれさえ終われば加工先に丸投げだから楽なのかな
暑いけど頑張りましょうねq(^-^q)


Commented by contrailfine at 2013-07-10 09:56
そうなんです。デリケートで、ちょっと私向きではなかったのですが、2本分生地があるんです(´;ω;`)
柄は先回作った着物と関連性を持たせようとしていますが、遠ざかっていくかもしれません。どうなるか・・・
型で直接ステンシルしてしまうか、糊をおいて色を挿すか、生地・デザインで手順も考えます。
でも
手書きに比べると型ってほんと、合理的っていうか手抜きっていうかゴマカシがきくというか、パズルのようなもの
私のやってることなんて、しょせんお遊びの自己満足でして

手書き友禅の振袖なんて(鳳凰ってすごい込みいってそうです)さぞ見応えあるものになるんでしょうね。贅沢の極みです。そんな振袖、素晴らしいです。うらやましいです。
盛夏のなか、細かいお仕事・・・応援しております。
by contrailfine | 2013-07-10 00:02 | 染物教室 | Trackback | Comments(2)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31