大詰めです

糊置きが終了、にじみどめの呉汁をひいたところです。
f0146466_19175342.jpg

呉汁は、大豆の汁に、ふのり(海草ですよね)を混ぜています。
大豆のタンパク質が、染料のにじみを防いでくれるけど、生地にとっては異物。
多すぎると染料も生地に入りにくいし、水で洗っても落ちないので、着物にしたときゴワゴワ感が残ります。
酵素で洗ってもらうと柔らかさが戻るそうです。
生地の織り方などでも呉汁の扱いは違ってくるようで、なかなか難しいですね。

~前の教室では、呉汁は使わず、アルギン酸(これがふのり?)を使っていましたが、ここでは伝統手法で~


とにかく、去年夏からこつこつやってきたことは、すべてこれからの作業の、あくまで準備段階といえます。

色挿し。
唯一、着物にかたちが残る作業です。これがすべて。
f0146466_21594811.jpg
台所のあちこちをありえない色に染めながらいろんな色を試し
(絹用染料は煮沸して作ります。毒薬調合みたい)


準備のほうが何倍も時間かかって大変だし、それだけ大切。
なにごとも。








[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/19400950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2013-05-16 19:17 | 染物教室 | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30