ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

歌舞伎だしロックだし

ぜったい面白そうだけど長いな~
と敬遠してたゲキ×シネ『髑髏城の七人』を観てきました。

迫力の予告編

(もともとは劇団☆新感線の舞台らしいけど、映像になったとき古田新太さんのアップだったらどうなんだ・・・)

声を含め、鍛えられた肉体・動きがどれだけ説得力を持つか、実感させられるのが舞台の面白さ
横浜に住んでた6年前までは、歌舞伎など観に行くことはちょくちょくあったけど最近ご無沙汰です。

18台のカメラでその役者さんの表情までをいろんな角度から捉えたゲキ×シネはある意味舞台以上。

リアリティなど追求せずに夢があった昔の映画、その夢を見せてくれる立ち回りの美しさは舞踊を見ているよう。
だけど役者さんのすごい汗がリアル。
森山未來くんとか、小栗旬くんとか、やっぱり早乙女太一くん(彼はあまり汗かかない)ってすごいな~と。

ストーリーも、日本人ならだれでも感情移入しちゃう、最後はお芝居らしく?大団円ってことなんだけど、「あれだけがんばったんだからいいよね」と、後味もいい感じで3時間もあっというまの楽しさでした。

もう公開終わっちゃったけど、機会あればお勧めしたい。
プログレッシブロックです。劇画的でもあるし、なにより歌舞伎です。







[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/18523501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2013-02-01 17:52 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31