年の瀬 2012

年賀状。できたも同然、早々と勝利宣言。
f0146466_20381814.jpg


面倒だなあと思う毎度の、
毎年帰省している私には、元旦に読むことのできない年賀状。
「いまここで元気に生きてます!」という年に一度の生存確認ですので、おろそかにはできません。

宛名を手書きするのもいまや自己満足ですが、「元気でいるかな~」と思いを馳せる貴重なひとときですね。
若い頃には考えなかったことです。

今年もいろいろありました。
実家の父が「特別養護老人ホーム」に入居したのは今年の四月。
何年か前から、ちょっとずつ認知症がすすんでいた父に対面するのがほんとうに苦痛で、帰省は気が重かった。
学生時代の友人に「ほんとにお父さんと仲よかったよね」と言われるまで、自身すっかりそんなこと忘れてました。
昔は確かに誰より父親を尊敬していたのに、衰えていく親の姿は腹立たしいばかりでぜんぜん優しくできない、感情を爆発させてしまって、そのことで自分の心も蝕んでいくのも辛かった。
そのうちあきらめて?優しく接することもできるかと思っていたけどまだまだ。
100%善意、マイナス感情など理解できないようです。(尊敬するわ・・・私がボケるときっとお金に執着すると思うんだけど)
他人の手に委ねてしまったことで、自責の念もあります。でもそれ以上のことはいまの自分にはできないのも確か。

皆が皆、のりこえていくこと。そうしてひとは大人になるのか・・・


ことしもあと半月。よろしくお願いします。来年も。




[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/18264299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2012-12-16 22:41 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31