厳密でないルール

f0146466_1729249.jpg"京都本"多いなあ
と思ってたら、京都のみならず、この手の本を帰省するたびに目にするようになりました。

そして私のような帰省組がまんまと買ってしまうわけだ
(この大きな帯はかんじわるい)


いっときの血液型占いみたいにブームなんですかね。
あながち間違ってもいないところがツボ。


広島ってどんなところ?
と尋ねられても、「そ~ね~、ふつうの地方都市だよ」と、返答に困る私としては、客観的にどんなところか知っておきたい。
(幸い京都人は他県に興味がないらしく、ほとんど聞かれないので助かる)

福岡、札幌、神戸、みたいにイメージしづらい、ひとことで説明できない広島。
だから行った人には「都会なんでびっくりしました」と言われることが多いです。
(どんなイメージだったのかな)


この『広島ルール』には、
「つかみどころがないようにも感じる自然体、大阪人のように東京に対抗したり、京都人のようにプライドをかざしたり、博多人のようにお国自慢もしない、自由でラクチン」な郷土愛を感じる、と。

だから具体性に欠けるのか~でも納得。

私はふるさとなので、やっぱり川の風景とか、緑とか、帰るとほっとする空気感があるけど、もともといろんなものを受け入れる、肩肘張らない街が特徴なのかもしれないと思います。
ルールはルールとしてあるけど、それほど縛られないのが広島的。

いいところです。広島。(やっぱり具体性に欠ける言い方しかできない)



このルールで個人的にいちばんウケたのは、「波のある海は正直コワい」でした。
子供の頃、サーフィンがどうして楽しいのかさっぱりわかりませんでした。瀬戸内海でサーフボードに乗る意味、ないですから。

それと、「牡蠣打ち」ってこれまで共通語かと思ってた。ショック。

広島のソウルフード、お好み焼きと「むさし」のおむすび、「ちから」のうどん、ってことですが
確かに否定はしないけど、なつかしい食べ物=穴子 なんだけどなあ。あまり知られてないか。
(江戸前のふんわり蒸し甘いタレじゃなくて、焼き穴子)
土用のうなぎ、じゃなくてうちでは穴子だったなあ。おやじっぽいか。



[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/17908545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2012-08-28 00:07 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30