ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

お盆、逢魔が時、何かが・・・

昔は、8月には地獄の釜の蓋が開くとか、言ったもんです(え?言ってない?)
8月は11日、ものすごい帰省ラッシュ・高速渋滞という魔にとらわれたあげく、昼すぎには到着したいと思っていたCafe Zにたどり着いたのは日も暮れようかという夕時でございました。



なんか歩き出しそうな つくもがみ
f0146466_237771.jpg
妖怪=Spirit かFairy か。(Monsterではないよね)

妖怪は、理不尽をのみこむための、日本人のやさしい知恵です。
と、思ってます。

『遠野物語』に惹かれて卒論のテーマにまで選んでしまったけど、じっさいに訪れた遠野に触れて、温暖な広島で育った私には宮沢賢治はとても理解できるものではないと思ったものでした。
命を奪う自然の厳しさに対して、人間の無力さの受け皿でもあったのでした。妖怪は。

誰の心にもそれぞれの妖怪が。
愛嬌もないとね。”千妖紙”よくできてる~
f0146466_2349344.jpg


あまり写真も撮ってないことに気づき、やはりなにかに取り付かれていたのか・・・疲れ?


f0146466_23504377.jpg
魔除けの”鵺(ぬえ)”てぬぐい。





ラブリーなザシキワラシにも出会えましたので、その後無事に広島に帰省できました。

どんどはれ。







ありがとうございました。
Zのマスターにいただいた桃も甘かったです。
(そういえば桃も魔除けの効果あるのでしたね)





[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/17895408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2012-08-24 00:01 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31