ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

東山 花灯路

f0146466_22473733.jpg
春まだ浅い京都、花灯路というイベントに珍しく街の夜歩きに出かけました。


f0146466_22531928.jpg京都らしい路地を足許からライトアップ

昼間と違った雰囲気で、灯りに誘われて路に迷い



f0146466_22553983.jpg狐の嫁入り

に遭遇


ボケボケぶりが妖しい


f0146466_2343364.jpgそうそう、八坂神社ではこんな、舞妓さんによる舞の奉納もありましたよ。

どうですか、京都、遊びにきませんか

(寂しいんだね)









[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/17317245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おばあちゃん at 2012-03-17 06:47 x
久しぶり。
1コ下に寂しいことが書いてあったので、気になって書き込みしています。
義母さまはきっとまじめな方なのだと思いますが、義母さまのおっしゃったコトは義母さまにとって真実なだけでしょう。
アナタにはアナタの人生観があって当然なのでは?
(「そんなことわかってるわよっっ!」とおっしゃるでしょうけど)
それに、良いことの多かった人生を送った人に限って、悪かったことをいつまでも覚えていたりするんですよね。それが珍しい出来事だから。

私も山口に来て1年です。
デパート(しかも5階までしかない)が1つ、映画館が1つ、スタバもなけりゃハンズもロフトもない、だいたい住人自体が「何にもないところでしょ」と自虐気味で「ど〜すりゃいいの〜〜」と歌いたくなっちゃうような山口ですが、天災が少ないのは大きいと思っています。
せっかくの人生、良いこと・楽しいことを探しながら生きていきましょうよ。

説教臭い?
ごめんね〜〜、これが私という人間なの〜。
Commented by contrailfine at 2012-03-18 00:58
お元気そうでなによりです。

残念ながら私も都会的価値観にどっぷり毒されているクチですか
ら、「何もない」ところで何に喜びを見出だせばいいのか見当がつきません。所詮そのような人間にはそんな試練は与えられないわけで、それぞれに身の丈にあった苦労(?)が降りかかってくるものと解釈します。…そう考えるとたいした苦労してないわ。小さいな私も。
by contrailfine | 2012-03-16 22:59 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31