ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

イケズを考える その1

f0146466_22262898.jpgこれはいわゆるイケズ石。
(曲がり角に設置されています。車が家にぶつからないように。
その本意はこんなせまいとこにでかいクルマではいってくんな、だそう)

ここまでがっちり固定してあるのも珍しい。


京都の人の言うことを真に受けてはいけないと聞きます。
心にもない社交辞令がまかり通っているというのがもはや都市伝説のように私たちよそものをおののかせています。
今回の上京の際にもいろんな人にそれは聞かれましたが、タテマエとホンネが違うのはオトナである以上、どこであろうと存在しますし。
f0146466_13154318.jpg
京都ライフのテキスト『イケズの構造』

表紙の
いーえ!そんな<いちげんさん>やとか偉そうな店とちゃいますよって

こわいですね。


この本によると、イケズというのは意地悪ではない、悪意のない婉曲な表現らしいので
それじゃ、どんな状況でもお笑いを求めてしまう関西の、体裁をかえたものなんじゃない?と思いました。
言わずにいられない挨拶代わりのジャブ、みたいなもんでしょうか。

ほんとうのイケズはもっと奥深く、使いこなすには相応の教養や愛情が不可欠らしいです。
思ったとおり、シェイクスピアのあのまわりくどい冗長なセリフはイケズの真髄らしく、京都弁で翻訳するとそのニュアンスはより理解できるとか。(蜷川さんやってくれたらいいのに)


私がじっさいにイケズ(?)を実感したのは、住宅事情がわるい京都で社宅探しも難航し、やっと決めて岡山に帰ると家主さんの翻意でキャンセル。今日一日の苦労はなんだったの?
でした。忘れもしない3月11日のできごとでした。


f0146466_14502126.jpgデパートの催事・京都展でお馴染みの『花背』

このお店で生菓子を買いたいと思っても
・要予約
・一種類5個以上

って、ことはお茶会用?

です。(そんならディスプレイするな)


そんなルールもイケズと思えばイケズ。
ルールを知らない人間が「いちげんさん」


そんな感じで、主にお店などで行き違いが生まれるシチュエーションになることが多いかと思いますが、ひとりひとりと話すとほとんどは気のいい人です。だと思います。


イケズは、どうやら該当する共通語がないようなので、もっと一般的な常用語として定着することを待ち望んでいます。(説明になってないな・・・)
「ほっこり」とか「まったり」とか、昔はなかった言葉が意味もあいまいなまま横行して新聞なんかにも使われてるでしょ。「イケズ」にも市民権を。ね。



またイケズを体験した暁には”その2”を報告したいと思います。


[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/16690414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2011-10-15 15:16 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31