映画 『レッド・バロン』

客席は10人くらい。平日とはいえ・・・f0146466_23384449.jpg
直球で予想通りのひねりのない映画だったけど、私は好きでした。

場面転換が唐突でそっけないのも、
映像だけで充実感があって
(戦闘シーンが意外に短いけど)

理想を持って戦闘に挑んでいた主人公が殺戮の現実に徐々にやつれていくのは、端正な風貌だけ痛々しく




斬新さはないけど、画面は美しくてそれなりにいい映画だとは思うのですが
公開館も少なく、期間も短く宣伝らしいものもなく

映画業界の格差がはっきりくっきり   
若者はどこに行くのか(ディズニーだよね)



f0146466_23491827.jpgご本人
マンフレート・フォン・リヒトホーフェン
(宮崎駿が描いたらきっとこの人も豚にされちゃうのね)




ドイツ映画なのに英語~は
ちょっとがっかり。




[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/16115311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2011-06-12 00:28 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30