ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

神田神保町は本の街、ではありますが

東京で好きな街ベスト5に入ってる神田神保町(あくまで私的ランキングですから)f0146466_21213946.jpg

ここで古書を物色
と言いたいところですが


そういう世界はかなり縁遠く




古本まつりでは、紙屋さんとか篆刻無料体験とか、よく遊ばせてもらいました



f0146466_21311940.jpg主目的地・万年筆専門店「金ペン堂」へ

いつの間にか10年以上にもなった万年筆のメンテナンス



「少し左に傾く癖がありますね」
と自分じゃぜんぜん気づかない書き癖を指摘されるf0146466_21354234.jpg
ペン先の左側が微妙に減ってるんだそうで
「ちゃんと使えてれば20年30年大丈夫ですから」

「水洗いと、何もなくてもたまには持ってきてください」と言っていただきましたが、遠方なのでね~



f0146466_2204538.jpgf0146466_22056100.jpg行きたいとこはいっぱいあったけど
こんなもんで


でも街歩きを楽しみました。


ずっと居てもいいなあ










もうひとつには、モンブランの万年筆のことを確認したかったからなのです。
万年筆といえばモンブラン、というブランドは揺るがないものがありますが、ここ金ペン堂では何年か前から一切扱うのをやめてしまったのです。
その理由については「高いし、インクも悪くなってきていますから」
とのことでしたが、噂では、モンブランでは部品のひとつに油性のものが含まれていてインクが目詰まりをおこすとか。金ペン堂のようなペン先を調整してくれるような店は”改良”と位置づけされて、会社では一切修理も受け付けてくれないとか

実際他の販売店でも、いざ修理となると費用や時間(半年になることも)がかかりすぎて、毎日の道具として欠かせない人間にはかなり不便を強いられることになります。

いいものだと思って贈った万年筆、(思いたい)どうかトラブルがありませんように祈るばかりです。







[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/15433715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2011-01-25 21:18 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31