ブログトップ

晴れ、ときどき飛行機雲

多種多様の必然

『オーシャンズ』観にいきました。意外に混んでてびっくりです。
満席になるような映画をあまり観てないので人が多いことに慣れてないのでした。
f0146466_18173225.jpg
こういう映像を見ると睡魔に襲われる・・・
ライアル・ワトソン(いつのまにか故人になられてました)の本にあった、”ヒトは進化の過程で海にいたことがある説”を思い出すのでした。
猿人からヒトへ、海での生活には髪の毛を残して体毛がなくなったこと、女性のほうが髪が長いこと(子供がつかみやすい)、生まれたばかりの赤ちゃんが泳げること(クジラの鳴き声を聞くと泳ぐようなアクションをとるらしいです)など、他にも根拠があったけど忘れましたが

波の音で心が落ち着くのもDNAに深く刻まれているのか・・・


そんな穏やかながらも厳しい自然の映像が、途中からショッキングなものに。
なかでも衝撃的なのは、ヒレをすべて切り取られて生きたまま捨てられ、エラから血まみれの呼吸を続けるヨシキリザメの姿です。
(この撮影についてはロボット使用だそうで~よくできてるわ~。目撃の再現らしいですが)

地球の生命の多くは海に。
生物が多種多様な生物が絶妙のバランスで生命の連鎖をで何千年も続けていたことには、それぞれに人間にはわからない役割・必然性があってのこと。
なのに、わずか何十年かで人間の影響でそのバランスは崩れつつある。
かつては問題視されなかったような、小さな生物の絶滅もゆくゆくどんな結果をもたらすのか・・・


人間が動物園にサンプルされるという逆説的な想像もしたりしたのでした。こわいな~
(ヴォネガットの『スローターハウス5』にそういうストーリーがあったなあ)


話はちがうけど、そんなわけでマイノリティであっても存在を許容してください。




f0146466_8312125.jpgGevrey Chambertin Corbeaux 2005

Gerard Quivy

[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/12804765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うる at 2010-02-08 18:34 x
ワトソンさん亡くなられていたの、知らなかったわー。
そうそう「オーシャンズ」、妹も子供にねだられ見に行った。同じ感想いってました。
妹は眠りに落ち、ヨシキリザメの姿に強烈なショックを受けた子供達はグッタリ沈み
うな垂れて帰ってきたと。
Commented by contrailfine at 2010-02-08 22:59
ライアル・ワトソンさん、面白い人でしたよね。捕鯨反対派でしたが。

この映画も、イルカ漁・捕鯨には反対という構図になってるけど、そのへんはどうなんでしょうねえ。

せめてサメもちゃんと食べてあげたい。ロボットは日本製なんだろうか?というのが気がかりなところです。
by contrailfine | 2010-02-07 22:56 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31