効率の奴隷ですから

さいきん改めて思うこと。
f0146466_2341852.jpgこういう、母が30年間やっていた芋版更紗というのは、いつ終わるともいえない作業を淡々と続けていく、なんだか修行のようでもあります。

それが着物一反分ともなればその時間・手間は・・・

でもそれが楽しかったようです。その時間をいとおしむのがその時代の価値観だったのかもしれません。
今の尺度からすろと、それはもはや贅沢。廃れてしまうのはある意味仕方ないです。
自分にできないことを人にやれとはいえない。



いいですねと言ってくださる方はいらっしゃいますが、自分にはできないなあと思います。

時間がないってわけではないんだけど、効率というものが何をおいても優先するようになってしまったから。
そんな価値観がいつのまにか身についてしまいました。昔は違ってたはずなのに。

万事にいえることなんでしょうが。


こういう手法に比べると型染めというのは最初は工業的だったのでしょうが、それが今の時代の手造りなのかもしれないです。
私にはそれだってめいっぱい頑張ってることだし。



昭和は遠くなりにけり。ってことですか。
[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/12218956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by contrailfine | 2009-10-30 00:13 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

京都生活も6年目。趣味で始めた染色は9年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30