フルーツ王国の春休み

二年前に岡山に来た四月、果物が意外になかったのを覚えています。
夏には桃、それから梨や葡萄が品種ごとに、冬まではいろいろ。春のものは・・・
今が旬の果物というと、いちごと柑橘類がポピュラーです。
苺は岡山でも作っていて、量などもたぶん普通。
f0146466_21465343.jpg


対して、柑橘類がない。
"瀬戸内だもん豊富でしょ”と思ってただけに、これは意外でした。
いよかん、ネーブル、八朔、デコポン、清見など今の時期は種類も豊富ですが、だいたい広島・愛媛・熊本など。
岡山産はほとんど見ません。みかんはちょっとあったけど。


柑橘というと、やっぱり島。地中海でも柑橘類ができるのは海沿いですよね。
で、気がついたのは岡山県は、海に縁が薄いのですね。
みかんを作っている島もあまりないんでしょう。
(ついでに言うと漁港も少ないので、フナとかアミとかの食文化があるのかな)

─桃や葡萄があるから、ブランド力の無いみかんなんか別にいいんだ─

春休みなんて書いちゃったけど、芽吹きはじめる早春から、葡萄農家では樹の手入れが忙しいようです。
収穫にむけて、むしろ準備のほうが大変なのかもね。
[PR]
トラックバックURL : http://contrailfn.exblog.jp/tb/10575608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おばあちゃん at 2009-03-18 09:42 x
広島では「はるか」という新しい品種の柑橘が今日からお目見え。
(ニュースで見ただけだけど)
「ハチミツのような甘さ」といってたけど、柑橘類は酸っぱいほうが良いと思いませんか?
イチゴなんかも「あまおう」とか言っちゃって、甘くて大きいのがイイみたいになってるし。
リンゴも「どこ行った〜〜、紅玉〜〜ッッッッッ!」と叫びたいぐらい、味も歯ごたえも甘い品種がハバ効かせてるし。
なんでこうも甘いのが多いんだろう??
そのうち「甘いレモン」とか「甘いスダチ」とか「甘いライム」とか出てくるかもしんない・・・
Commented by contrailfine at 2009-03-18 18:26
日本人ひとりあたりの果物消費量は、欧米の1/3~2/1で、減少傾向です。しかも自給率も減りつつある、こんな厳しい現状で、農家として生き残りの策=高価でも売れる果物のブランド化、という流れはいたしかたないというところでしょうか。

私も、昔の夏みかんマーマレードを恋しく思っています。
「紅玉」は、ケーキ用として見直されてて横浜ではよく見かけたけど、広島までは遠すぎるのかなあ。
中まで青いほんとうの青りんごのシャーベットを食べたことあるけど、美味しかったです。果実はめちゃすっぱくって、樹は信州に1~2本あるだけだって。そういう果物を作る農家は稀有ってことねえ。
by contrailfine | 2009-03-17 15:13 | 岡山のあるきかた | Trackback | Comments(2)

京都生活も7年目。趣味で始めた染色は10年になりました。


by contrailfine
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31